ショッピング 生活

ニットアウターのメンズコーデのおすすめは?

スポンサードリンク

立冬は過ぎましたが、
まだ日中は暖かい日もあり、

コートなどを羽織ると
重たい印象になることもありますが、

ざっくりと編んだ厚手の
ニットアウターであれば、

デザインも豊富でコートよりも
軽やかに着ることができます。

そこで今回は、ニットアウターの
メンズコーデのおすすめをご紹介します。

スポンサードリンク
  

ニットアウターのメンズコーデのおすすめは?

これからニットを着る機会が増えますが、
室内で着たり、コートやジャケットなどの
下に着たりするのが一般的でしょう。

そうしたものは薄手で
、暖かい日であっても、
冬季の外出にはあまりむきません。

ニットアウターなら太めの毛糸で
編まれていて温かく、

デザインも豊富で、
ジャケットタイプやフードがついてもの、
身頃と袖の素材が異なるものなどがあります。

ニットならではのやわらかで上品な印象なので、
かしこまった場に着ていっても違和感がなく、

大人らしい着こなしにピッタリです。

今回は2通りのコーディネートをおすすめします。

縄模様が編み込まれた
茶色のブルゾンタイプのニットを

オリーブ色のパンツと合わせ、
全体をアースカラーでまとめてみましょう。

首には茶系のスカーフ巻いてアクセントをつけ、
前はジップアップになっているので、

ボタンに比べてシャープに
見せることがてきます。

縄模様は伝統的なセーターの
模様として認知されているので、
年齢を気にせず誰にでも着こなせます。

もう一つは、明るいオレンジ色の
ニットジャケットと、

黒のニットポロシャツ、
グレーのパンツの組み合わせです。

ジャケットとポロシャツは
いずれもニットですが、
素材の太さの違いで遊び心を出してみました。

コートに比べて色の
バリエーションが豊富なのも、
ニットの特徴と言えるでしょう。

いずれのコーディトも、
体のLINEにフィットしたニットを選びます。

こうすることで、全体のシルエットが
スッキリと整って見えます。

ニットだけでは肌寒いと感じたら、
上にダウンベストなどを羽織れば、
重ね着のおしゃれを楽しめます。

もちろん、ストールやマフラーを
合わせてもいいですね。

逆に、少し暑いと思ったら、
袖をたくし上げることができるのも
ニットのいいところです。

帰宅して脱いだニットは、
たたんでタンスの引き出しなどに
しまうことをおすすめします。

ハンガーにかけてしまうと
重さで編み目が伸び、
型崩れにつながります。

リラックスし雰囲気を醸し出すニットは、
品の良さも併せ持っているアイテムですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ジャケットのようなデザインであれば、
カジュアルになりすぎず、

オンとオフの境目が昔より
曖昧になった現代に、

非常にマッチしていると
言えるかもしれませんね。

関連記事:メンズカーディガンの秋コーデはダークグリーンやボルドーがおすすめ!
     デニムスラックスのメンズコーデのおすすめは?




-ショッピング, 生活
-,