健康 生活

高齢者のヒートショック予防対策や注意することは?

スポンサードリンク

冬場は高齢者が体調を崩しやすく、
急な温度差で血圧が乱高下して、

体調不良を引き起こす
「ヒートショック」などへの注意が必要です。

そこで今回は、高齢者の
ヒートショック予防対策や

注意しておくことについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

高齢者のヒートショック予防対策や注意することは?

冬場の急変を防ぐため、
家族とどう備えればよいのでしょうか?

在宅生活で急変が起きると、
家族から「高齢だから仕方がなかった」と
諦めてしまいますが、

後悔しないためにも、
予防や対処の仕方を知って備えてください。

冬場は、ヒートショックを防ぐ
環境づくりが大切です。

入浴時のほか、トイレの介助でも、
衣服を脱いだ時に

肌が冷たい空気にさらされないよう、
暖房器具を置くなどしましょう。

浴室も浴槽のふたを開けたり
シャワーを流して、暖めておくと良いでしょう。

入浴前後にも水分を取る、
かけ湯をしてから湯船につかる、

出る時はゆっくり立ち上がるなども、
注意してください。

入る前に家族に声をかけておけば、
長風呂になっていないか気にかけてもらえます。

●入浴時のヒートショック予防の注意点
・脱衣所に暖房器具を置くなどして暖める
・シャワーで湯を張る、
 浴槽のふたを外すなどして浴室を暖める
・湯船につかる前にかけ湯をする
・湯はぬるめで、つか時間は短めに
・出る時は急に立ち上がらず、ゆっくりと
・食後すぐや空腹時、飲酒後の入浴時は避ける
・家族に高をかけてから入浴する
 
 

また、新型コロナウイルスの予防で
部屋の換気が必要ですが、

窓を全開にすると室温が
一気に下がるので、

暖房を付けたまま握り拳1個分ほど開けて、
2方向に風が通るようにするとよいでしょう。

就寝時に布団を多くかけたり
電気毛布を使ったりして脱水が起き、
心筋梗塞などにつながる恐れもあります。

温め過ぎず、冬場も
こまめに水を飲む習慣をつけてください。

普段からケアマネジャーや
ヘルパー、医師、看護師らと

本人の持病や体調について
情報を共有しておくことも、
予防につながります。

高齢者の場合は、
日々体調チェックにも需要です。

高齢になると不調や傷みを自覚しにくく、
それを周囲に伝えることも少なくなります。

急変の可能性がある兆候は呼吸、
血液循環、意識、たいおんに表れます。

肩で息をする、顔や手が青白く冷たい、
呼びかけに反応しないといった

様子が急に起きれば、
救急車の妖精が必要です。
 
頭痛や体の激痛、高熱で我慢できない、
顔の半分がマヒするといった時も、
すぐ119番をします。

不安ですが救急車を呼ぶか迷う時は、
総務省消防庁が各地で開設する

「救急安心センター」
(#7119)への電話をお勧めします。

現状は大阪、京都、奈良、
鳥取、徳島など全国12都道府県と

神戸市・芦屋市、広島周辺エリアなど
5地域に設置されています。
 
多くは、医師や看護師らが365日、
24時間体制で相談に応じており、

必要と判断すれば
救急車を要請してくれます。

自分の住む地域で解説されているか、
自治体などに確認しておきましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

急変を防ぐには、
いつもと違う兆候にいち早く
気づくことが需要ですので、

日頃から家族ができるだけ接して、
体調や様子を見てくださいね。

関連記事:高齢者のヒートショックの原因や対策、予防するには?
     ヒートショックを防ぐには予報やセンサーが効果的?対処の方法は?



-健康, 生活
-,