生活 行事

年末年始の高齢者の事故をどう防ぐ、その注意点は?

スポンサードリンク

今年も残りわずかとなりましたが、
年末に大掃除を予定したり、

正月のおせち料理を楽しみに
していたりする人もいるでしょう。

ただ、年末年始は高齢者特有の
事故が起きやすい季節なので、
注意して過ごしていきたものですよね。

そこで今回は、
年末年始の高齢者の事故を
どう防げばいいのか、
その注意点をお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

年末年始の高齢者の事故をどう防ぐ、その注意点は?

東京消防庁によると、同庁管内で、
掃除中に転落するなどして救急搬送された人は、

2018年までの5年間に計約3850人で、
うちおよそ6割は60~80歳代です。

月別に見ると、大掃除をすることが多い12月は、
ほかの月の倍くらいの人数が搬送されています。

また、2019年までの5年間に、
餅などのを詰まらせて搬送された人は計約460人で、
うちおよそ9割は65歳上が占めています。 

月別にみると、1月が約180人で
最も多かったということです。

大掃除を年末にうまくすすめるコツとして、
掃除に取りかかる前の準備が大切です。

まず、きれいにしたい場所と、
その場所を掃除する方法、
掃除の日にちをシートに書き出してみましょう。

掃除の方法を決めると必要な道具がわかるので、
ない場合は買いそろえてから取りかかりましょう。

無理をして1日で終わらせる必要はなく、
数時間ずつ何日かかかけて行ってもよいですよ。

取りかかる前には、
つまずかないように、
床の上に置いている物を片付けましょう。

窓や天井のように高い場所を
掃除する時は、柄の長いブラシや
ワイパーを使うほうが安全です。

踏み台や椅子などは、
立った時にバランスを崩して
転落する恐れがあります。

洗剤を使う時は、
手を守るために手袋を着けます。

洗剤を壁に吹き付けると
目に入る恐れがあるため、

スポンジなどに付けてから掃除を始めます。

しっかりと事前に準備して、
無理のない範囲で掃除をしましょう。

汚れが落ちにくい場所は専門事業者に
依頼するという方法もあります。

年末年始の注意点としては、
年を取ると飲み込む力と噛む力が弱くなり、

唾液の量も減ってのどに
食べ物が詰まりやすくなります。

特にのどに詰まりやすいのは
粘り気がある餅です。

食べる時には、ティースプーンに
のるくらいに小さく切ります。

きな粉をまぶすとむせやすくなるので
気をつけてください。

最近は、高齢者向けに、
のどに張り付きにくかったり、

歯がなくても噛めるように
なっていたりする餅もあります。

また、粉末になっていて、
お湯を加えると食べられる
介護用のおかゆは、

お湯の量を減らして混ぜ、
丸めてお汁粉などに入れると、
餅のような食感を楽しめます。

おせち料理も気をつけたいところです。

栗きんとんに入っている
クリを小さく切ったり、

皮がのどに詰まりやすいので、
黒豆は柔らかく煮ます。

なますの酢が強すぎると
むせることがあるので、
酢は弱めにして柚子で香りをつけます。
 
●年末年始を安全に過ごすための注意点
・つまずかないように、
 床の上の物を片付けて掃除を始める
・高い場所は、踏み台にのらず、
 ブラシやワイパーで掃除
・餅や栗きんとんのクリは小さく切る
・黒豆は柔らかく煮たり、
 なますの酢を減らしたりと
 おせち料理にも注意
・のどがつまらないように時々水を飲む

 

まとめ

食事の時は水などの飲み物を
用意して時々飲み、

のどを滑らかにして、食べ物が
詰まらないようにしてくださいね。

関連記事:餅が膨らむのはなぜ?喉の詰まりにどう対処する?
     飲み込む力の衰えや喉の老化はどう防止する?餅を詰まる原因や予防は?



-生活, 行事
-,