健康

椎間板ヘルニアが完治する?酵素注入療法とは?

スポンサードリンク

腰や脚の傷みを引き起こす椎間板ヘルニアは、
背骨の間でクッションの役割をする
椎間板の組織が飛び出すことで発症します。

手術を行うこともありますが、
最近は、椎間板に薬剤を注入して、

この部分を縮小させる治療が
普及してきています。

そこで今回は、椎間板ヘルニアに有効な、
酵素注入療法についてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

椎間板ヘルニアが完治する?酵素注入療法とは?

椎間板の外機が壊れ、
飛び出た部分をヘルニアと呼びます。

ヘルニアが背骨の中を通る
神経を圧迫し、

腰や脚の傷みや、
しびれの原因となることがあります。
 
患者の中心は、20~40歳代で、
治療の基本は安静にして様子を見たり、

傷みや炎症を抑える薬や
コルセットとなどの
装具を用いたりする保存療法です。

ヘルニアは自然に縮小したり、
症状が収まったりするケースも多くありますが、

保存療法で改善しなかったり、
脚にマヒが出たりする重症の場合は、
手術を検討します。

5日から1週間程度の入院が必要になります。

2018年には、椎間板に薬剤を注入する
「椎間板内酵素注入療法」という
新しい治療法が保険適用になりました。

椎間板内の組織に含まれる保水成分の
分解を促す酵素を注射器で入れます。

椎間板の膨らみを縮小させ、
神経への圧迫を取り除くことを狙ったもので、
日帰りか1泊の入院で済みます。

保存療法と手術の中間に当たる治療で、
手術に比べて患者の負担を少なくできます。

酸素注入療法は、
エックス線検査装置の台の上で、
針を刺す位置を確認しながら行います。

治療当日は入浴を控え、治療後1週間は
腰に負担をかけないよう注意します。

これまでの研究報告では、治療した患者の
約7~8割に症状の改善が見られます。

ただし、効果が出るまで
数週間程度要するケースもあります。

治療の副作用としては、
一時的に腰や脚の傷みや
痛みなどの症状が出ることもあり、

まれに、短時間で全身にアレルギー症状が出る
アナフィラキシーショックが起こることもあります。

治療後は数時間、
体調の変化に注意することが必要です。

この治療は、2度めに
アレルギーが出るリスクが高いため、
1度しか受けることができません。

また、
1.もともとアレルギー体質がある
2.他に背骨の病気を抱えている
3.妊娠している

などの場合は主治医とよく相談してください。

●椎間板ヘルニアの酵素注入療法
椎間板内を酵素を含んだ薬剤を注射。
ヘルニアを縮小させ、神経への圧迫を弱める。
日帰りまたは入院1泊で治療可能。
 
●その他の療法
・安静
・薬物治療(炎症を抑える薬など)
・装具療法(コルセットなど)
・神経ブロック

手術
ヘルコニアを切除する。
5日~1週間程度の入院が必要

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

酵素注入療法を行えるのは、
この治療に適している患者かどうかを
しっかり見極めて、

安全に実施する必要があるため、
日本脊椎脊髄学会や日本脊髄外科学会の

指導医などに限られていますので
お伝えしたようにしっかりと
主治医と相談するようにしてくださいね。

関連記事:腰痛が起きる原因や症状、治す方法や予防法は?
     体が硬いのはなぜその理由と原因、筋肉を柔らかくするストレッチは?


-健康
-,