健康

月経困難症の治療薬の種類、lepの効果や負担は?

スポンサードリンク

月経中に、腹痛や頭痛、
イライラなどが起こり、

日常生活に支障が起きる状態が
「月経国難症」で、

全国に薬800万人の患者がいると
推計されています。

そこで今回は、
月経困難症の治療薬の種類、

lepの効果や負担について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

月経困難症の治療薬の種類、lepの効果や負担は?

主に治療薬に、卵巣から周期的に
分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)と

黄体ホルモン(プロゲステロン)を含む
「LEP製剤」があります。

体内の両ホルモンの働きを調整することで、
排卵が起こらないようにし、
子宮内膜を薄く保ちます。

経血量が少なくなり、
子宮の収縮で起こる腹痛や
腰痛も軽減できます。

一方で、まれに血栓症の
リスクを伴うことがあります。

頭痛や胸の苦しさを感じたら、
すぐにかかりつけ医に相談しましょう。

LEP製剤は、毎日、決まった時間に
1錠ずつ服用します。

日本で承認されるのは現在7種類で、
費用は1シート(約1ヶ月分)
747~2637円(3割負担)です。

ほかの初診料や再診料などが必要です。

医師は、問診の上、約3ヶ月分を
限度にまとめて処方できます。

成分は避妊を目的とする
「低用量ピル」と同様ですが、

低用量ピルは自費で処方されるのに対し、
月経困難症の治療を目的とした
LEP製剤は公的な医療保険が適用されます。

黄体ホルモン製剤の一種である
治療薬「ディナゲスト錠0.5ミリグラム」を、

1日2錠服用する方法もあり、
約1ヶ月分で2797円(同)です。

また黄体ホルモンを放出する
薬剤を子宮内に装着する方法もあります。

国内で承認されている薬は「ミレーナ」で、
費用は8086円(同)。

1度の装着で5年間有効です。

月経困難症は中高生でも注意が必要です。

初経後2~3年頃に月経困難症を患うと、
症状がない人に比べて、

将来、子宮内膜の組織が卵巣などで増殖し、

慢性的な腹痛などを伴う
子宮内膜症になる可能性が

2.6倍になるというデータがあり、
不妊につながる恐れもある病気です。

●月経困難症の主な治療薬
種類       薬剤名     価格(3割負担) 用法・容量
LEP製剤      ヤーズ     747~    1日1錠。決まった 
          ルナベルなど  2637円   時間に服用

黄体ホルモン製剤 ディナゲスト錠 2797円   1日2錠
         0.5ミリグラム          2回に分けて服用

子宮内黄体    ミレーナ    8086円   子宮内に1個装着。
ホルモン放出                   5年間有効
システム 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ただの月経痛と思って
鎮静剤を服用する対症療法では
根本的な解決につながりませんので、

早めに婦人科の医師に相談してくださいね。

関連記事:月経前症候群はなぜ起きる、原因や症状と治療薬や注意することは?
     ホルモン補充治療とはどんな治療法、そのリスクや注意点は?



-健康
-,