健康

新型コロナの医療費引き上げはいつからで、その負担はいくら? 

スポンサードリンク

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、
2021年4月から時限的に、
医療機関や薬局で支払額が上がります。

そこで今回は、新型コロナの
医療費引き上げはいつからで、

その負担はいくらかについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

新型コロナの医療費引き上げはいつからで、その負担はいくら?

医療機関や薬局な度にとっては、
受け取る診療報酬が引き上げられます。

通常の初・再診料や検査代に加えて、
初診、再診で1回50円、入院で1日100円、

調剤で1回40円、訪問看護で1回50円が
それぞれ上がります。

これに伴って、患者の窓口での支払は、
自己負担が3割の場合、
12~30円ふ増えます。
 
新型コロナウイルスの
感染者が増えたため、

医療機関や薬局は防護具の
装着などの感染防止策を
取らなければならなくなったり、

感染防止に関する
職員向け研修を開いたりして、

費用負担になっていることに対して、
厚生労働省は一定の手当てを
することにしました。

報酬が手厚くなることで、
受診控えなどで、患者が減って、

経営が苦しくなっている
医療機関の支援にも繋がります。

今回の深慮報酬の引き上げは
9月までの特例措置で、
10月以降基本的に延長しない方向です。

これとは別に、
2020年12月中旬からは、

6歳未満の乳幼児を外来で
診察する医療機関などの診察報酬が、

医科で1000円、歯科で550円、
調剤で120円上がりました。

乳幼児は診察室や待合室で
動き回ることが多く、

スタツフが椅子やドアノブの
消毒などの感染対策を行う機会が増えるため、
厚労省が報酬の増額を決めました。

自己負担は2割の場合、
24~200円上がりますが、
自治体の助成によって軽減されます。

●4月からの医療費の引き上げ
初診・再診など・・・1回50円
入院・・・・・・・・1日100円
調剤・・・・・・・・1回40円
訪問看護・・・・・・1回50円
※自己負担が3割の場合、
 窓口での支払は12~30円増える

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

なお、今年の10月から
2020年3月までは、
引き上げ幅が約半分となって、

医科500円、歯科280円、
調剤は60円となりますので
注意してくださいね。

関連記事:新型コロナで収入が減った人の国民年金が免除、減免される?猶予は?
     新型コロナは医療保険の給付金でいくらもらえる?



-健康
-,