生活

生前整理のコツ、残すもののポイントとは?

スポンサードリンク

本人が亡くなった後の遺品整理は、
家族が気持ちを生理できる面もありますが、
あまりに物が多いとそれだけ負担も増します。

そこで今回は身の回りの物の
生前整理のコツや、

残すもののポイントについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

生前整理のコツ、残すもののポイントとは?

「まだ使える」
「あっても腐らない」

そんな考えで物を
ため込んでしまう人は多いようです。

そのような人は、
「子供のためにとっておく」
「孫が来たら使う」と、

食器や客用布団などを
いくつもため込むケースもあります。

子供の自立などで
家族構成は変わりますが、
合わせて家の中を整理できないと、

動けなくなったときには
物だらけになる恐れもあります。

高齢になると階段を上るのも
おっくうになり、

2階の部屋などは
物置と化しやすいので要注意です。

理想は季節ごとにこまめに整理し、
日々の掃除も大切です。

掃除をきちんとしようとすると、
物を移動させるので整理につながります。

とはいっても、一気に家中を
片付けるのはお勧めしません。

長年溜め込んだ物の整理は、
思いがけず量が多く、

一息にやろうすると途中で
気持ちが萎えてしまいかねないからです。

食器棚など、場所を決めて整理を終えます。

それの繰り返しで物を減らしていきます。

不要かどうかの判断は「誰が」ではなく、
「自分」が使うかどうかで、
自分が使わない物は不要と考えます。

テに入れたときの価格を
気にしすぎるのも考えものです。

例えば毛皮など、購入時は高くても、
現在の価値はわかりません。

ペットは買い始める前に、
世話ができるか、

自分の死後引き取り手がいるかを
よく検討すべきです。

植木も大きなものや数が多いと
対処に困る場合があります。

自分だけでは大変と感じる場合、
子供や親戚に助力を頼むのも
良いかもしれません。

子供らにとっても需要な物の
保管場所を把握できたり、

その物にまつわる思い出を
話したリできるメリットがあります。

生前整理や遺品整理業者に
依頼する方法もあります。

取り扱う業者は増えていますが、
「大事な物を処分された」
「見積もりらりも多く請求」

といったトラブルも多くなっています。

依頼の際には、見積もりと契約書が
きちんとしている業者を選びましょう。

相続や遺言執行などに詳しい専門家らに、
業者の紹介を相談するも選択肢ですよ。

●生前整理のコツ

・家全体を一気に片付ける
・床下や天井近くに収納
・「いつか使える」からとっておく

 
・場所を決めてこまめに片付ける
・目線の高さの範囲内に収納
・今使わなければ処分

ため込みやすいものの例
・箱、紙袋
・プラスチック性の密閉容器
・ペン立て、ペン類
・ポケットティッシュなど
 無料でもらうもの
・洗剤
・衣類
・書籍

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

家にあるはずなのに探したり、
見つけられずに再購入したりするのは
家の中にものが多い証拠ですので、

身の回りの整理は体が動く
早い段階で始めたほうがよいですよ。

関連記事:終活に便利なグッズや荷物の整理を手伝ってくれるサービス、葬儀費用やお墓選びは?
     葬式の費用はいくらでどれくらいかかる?見積もりの注意点や整理業者は?



-生活
-,