生活

ベビーテックとはなに、その活用事例は?

スポンサードリンク

「ベビーテック」と呼ばれる
育児向けのスマートフォンアプリや

インターネットと連動する
家電などを活用する動きが広がっています。

そこで今回は上手に使えば、
育児の負担軽減にもなる

ベビーテックとはなにか、
その活用事例についてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

ベビーテックとはなに、その活用事例は?

「パパっと育児@赤ちゃん手帳」
睡眠時間やミルクの量、

便の状態などをスマホで入力し、
夫婦で共有することで、

眠っているパートナーを起こさなくても、
授乳時刻やおむつ替えの記録が確認できます。

体重や身長の推移をグラフで確認したり、
予防接種のスケジュールを
管理したりすることも可能です。

初めての育児で不安が多くても、
コロナ禍で自治体の両親学級がなくなる中、

親にも頼りづらい状況の中、
アプリで助けられることでしょう。

「カラダノート」が運営するアプリ
「ステップ離乳食」は、管理衛生士が監修し、
成長に応じた食事の進め方を教えてくれます。

「7,8ヶ月のモグモグ期は2回食で、
 食材は絹ごし豆腐位のかたさ。
 ご飯は5倍がゆ」など、

月齢や年齢ごとに適した食べさせ方、
アレルギーが出やすい食材などが表示されます。

離乳食のレパートリーが増えたり、
食べた食材や子供の反応を
記録として残せるのもよいですね。

乳幼児向けの家電も登場しています。

寝起きのリズム形成を助ける
スマートヘッドライト
「ainenne(あいねんね)」は、

AI(人工知能)が推奨する
起床時間を表示しています。

起こしたい時間になると、
白色光が点灯して目覚めさせてくれます。

最近はベビーテックを積極的に取り入れて
家族のスケジュールを一喝管理したり、

夫婦間の事務的な連絡や情報共有に
活用したりするケースが
目立つようになりました。

育児を「見える化」することで、
家族のコミュニケーションを
円滑にすることも役立ちます。

子育てアプリやスマホなどと
連動する育児機器が本格的に
活用されるようになったのは
5年ほど前からで、

子供の健康管理や献立提案のほか、
知育、写真管理など様々な分野で
活用されています。

ベビーテックは子育て中に起こる
問題を解決してくれます。

記録したデータを通して、
客観的に子供の成長を
振り返ることもできます。

●ベビーテックの事例
「家族アルバム みてね」
写真や動画を家族で共有するアプリ

病児保育ネット予約サービス
「あずかるこちゃん」
全国の美容時要保育施設の
検索、予約サービス

ポスリー
保育園や仕様学校などの
プリントを撮影して管理するアプリ

「ピジョン さく乳器電動プロパーソナル」
専用アプリと連動して搾乳リズムを操作して、
利用や時間を記録

まとめ

いかがだったでしょうか?

サービスやデータを共有すれば、
家族がどれだけ育児に

手をかけてくれているのか、
気付くきっかけにもなります。

子供をより手厚くケアするためのベビーテックは、
これからもっと充実していくかもしれませんね。    

関連記事:出産や育児の支援制度や給付金はいくらもらえる?
     父親の育児の関わり方や注意すること、育児時間の割合は?



-生活
-