ショッピング 生活

デコラティブブラウスの着こなしやコーデのポイントは?

スポンサードリンク

2021年は袖や首回りに
ボリュームや装飾のある

「デコラティブブラウス」が
多く発売されています。

華やかで女性らしいが、
リボンやパフスリーブは

子供っぽい印象になると
思う人もいることでしょう。

そこで今回は、
デコラティブブラウスの着こなしや

コーデのポイントについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

デコラティブブラウスの着こなしやコーデのポイントは?

リモート会議やリモート飲み会で
画面に「映える」こともあり、

特に今季はデコラティブブラウスの
人気が高まっています。

色や素材の選び方を工夫すれば、
大人っぽく着こなせます。
 
ゆったりしたパフスリーブの
白いブラウスは、ハリのある素材なので、
かわいらしくなりすぎません。

襟付きのブラウスの場合、
角襟のものを選ぶと、
シャープになります。

光沢のある素材のパンツを合わせると
きちんとした印象になるので、
オフィス向きになります。

デニムに合わせれば、カジュアルな
休日スタイルになります。

一方、人気の透ける素材のブラウスは、
首元でリボン結びをした同素材の
太いボウタイが目を引きます。
 
大きなリボンは幼くも見えそうですが、
黒を選べば洗練されます。

黒のインナーを持っている人が
多いと思いますので、 

透ける素材を選ぶときは、
色が濃いものの方が挑戦しやすいですね。

手持ちのインナーの色に合わせて
選ぶのよさそうです。

ボトムスはシンプルな
ロングスカートを合わせ、

上半身に鼻があるので、引き締めると
バランスが良くなります。

コーディネートの主役は
あくまでブラウスですので、

それ以外はシンプルに、
コンパクトにまとめるのがポイントです。

アクセサリー選びにもコツがあります。

きゃしゃで女性らしいものよりも、
あえてシルバー素材や

大きめのアクセサリーを合わせると、
ブラウスの華やかさが際立ちますよ。

この春は大きな襟が付いた
ブラウスも人気です。

手持ちのシンプルなブラウスや
カットソーに「付け襟」を合わせれば、
手軽に印象を変えることもできます。

「スローブ・シトロン」のフリル付け襟は、
襟が鋭角なので程よくカジュアルに着こなせます。

色付きブラウスに白地の付け襟を合わせれば、
フリルがより引き立ちます。

モノトーンのコーディネートに
付け襟を合わせれば、

あまりかわいらしいテイストのものを
着ない人でも取り入れやすいですよ。

トレンチコートなど春物のアウターを羽織り、
襟をすこしだけのぞかせるのもよいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

大きな襟の流行は秋冬まで
続きそうですので、

付け襟を一つ持っていると、
コーディネートの幅が広がりますよ。    

関連記事:花柄のコーデのコツや取り入れ方、メイクの合わせ方は?
     秋のワイドパンツの着回し方やコーデは?



-ショッピング, 生活
-,