健康

ネフローゼ症候群になぜなる、どんな症状で治す方法は?

スポンサードリンク

ネフローゼ症候群は、
腎臓の糸球体障害により、

血液中のたんぱく質が
尿にたくさん排出され、
全身むくみが起きる病気です。

健康な人でも感染症や薬の
アレルギー反応をきっかけに発症し、
原因がはっきりしないこともあります。

むくみに気付いたら早期の
検査や受診が必要です。

そこで今回は、
ネフローゼ症候群になぜなるのか、
どんな症状でどう治すのかについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

ネフローゼ症候群になぜなる?

腎臓は、握り拳くらいの大きさで、
腰の付近に左右一つずつあります。
 
二つの腎臓の中には直径約0.2ミリの
糸球体という組織が計200万個集まっています。

糸球体は、毛細血管の塊で、
血液中の水分や塩分、
老廃物を濾過して尿を作ります。

糸球体の毛細血管の壁は、
内皮細胞、基底膜、スリット膜という
3種類の"バリア"があり、

通常、タンパク質は
血管壁を通り抜けられません。

ところが、何らかの理由で
このバリアが壊れると、

血管内のタンパク質が
尿に漏れ出してしまいます。

代表的なタンパク質「アルブミン」は、
血管内に水分を引き止める力があります。

アルブミンが減ると、
水分が血管外に移動し
全身にむくみが生じます。

原因疾患がない「一次性ネフローゼ症候群」と、
糖尿病や膠原病など発症に結びつく疾患がある
「二次性ネフローゼ症候群が」あります。

一次性は、子供から高齢者まで
年齢を問わず発症し、

感染症や、薬などへのアレルギー反応が
きっかけになることがあります。

診療ガイドラインによると、
2014年度に国内で新たに

一次性を発症した人は
4900~5400人と推計されています。

1ヶ月ほどで急に悪化することもあれば、
半年~1年かけてゆっくり進行することもあり、

きっかけとなる風邪なとせの感染症、
虫刺され、薬の服用歴を確認します。

●発症のメカニズム
腎臓内の糸球体
「腎臓の浄化装置」左右の腎臓に
計200万個ある毛細血管の塊
糸球体の血管壁には3種類のバリア
     ↓
異常な免疫反応などでバリアが壊れる
     ↓
血液中のたんぱく質「アルブミン」が尿に漏れる

ネフローゼ症候群はどんな症状?

大人では、1.尿中のタンパク質が
1日3.5グラム以上(正常値は0.15グラム未満)

2.血清アルブミン値が血液1デシリットルあたり
3.0グラム以下(正常値は4.1~5.1グラム以下)の
両方を満たすと、

ネフローゼ症候群と診断されます。

血清総タンパク質やむくみ、
脂質異常症の有無なども
診断基準に挙げられます。

軽症のうちは自覚症状が軽く、
多くは悪化してむくみが
強くなってから発症に気づきます。

血管内の水が血管外に移動するため、
むくみは顔や足をはじめ全身にみられます。

体重は普段より3~10キロ程度増え、
腎臓の働きが悪化して尿が出なくなったり、

血の巡りが悪くなって血栓(血の塊)が
できたりする場合もあります。

糸球体内のどこに異常があるかで、
「微小変化型ネフローゼ症候群」など
主に四つの糸球体疾患に分類されます。

疾患ごとに治療方針が変わるため、
腎臓の組織を採取する
腎生検で病理診断をします。

     
●ネフローゼの症状
アルブミンが尿に大量に出て、
むくみや脂質異常症が発生
・尿が泡立つ
・むくみ
・体重が増える
・尿が減る
重症化すると尿が出ず腎不全になったり、
血栓(血の塊)ができたりする恐れもある

大人の場合
尿たんぱくが1日3.5g以上
(正常値は0.15g未満)
血清アルブミン値3.0g/dl以下
(正常値は4.5~5.1g/dl)
     ↓
ネフローゼ症候群
原因疾患がないもの
(数ヶ月以内の感染症や薬などのアレルギー反応がきっかけにも)
一次性ネフローゼ症候群

原因疾患があるもの
(糖尿病、膠原病など) 
二次性ネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群を治す方法は?

入院治療が原則で、安静や減塩のほか、
ステロイド薬や免疫抑制薬を
内服や点滴で用います。

薬による副作用を予防するための
治療薬も併用します。

胸に水がたまると息苦しく、
無理をすると心不全になります。

むくみを取るため減塩食も必須で、
食塩摂取量を1日6グラム未満に制限します。

むくみが取れて退院できるようになるまでが
約1ヶ月かかります。

退院後も1~2年は再発予防のため
ステロイド薬や免疫抑制薬の内服を続けます。

定期的に検査を受けながら、
再発の引き金にならないよう感染症にも
十分気をつけて生活することが大切です。

  
●ネフローゼ症候群の治療法
入院治療が原則
ステロイド薬や免疫抑制薬の投与(内服、点滴)
減塩食(1日6g未満に)
感染症を防ぐ

再発にも注意
退院後もステロイド薬の投与を継続

まとめ

いかがだったでしょうか?

この病気は、再発しやすく、
何年たっても注意が必要です。

再発時は早く来院してもらえれば、
外来治療で治せることもあります。

尿の泡立ち具合は、再発まサインですので、
たんぱく尿を調べる市販の
尿試験紙は体調チェックに役立ちます。
   

関連記事:腹膜透析の仕組みや注意点とは?
     高血圧の正常数値と基礎知識は?



-健康
-,