生活

中年期から認知症予防を行うにはどうすればいい?

スポンサードリンク

「あれ...あれは...なんだっけ?」と
固有名詞が出てこないという
中高年は多いでしょう。

認知症は高齢者の美容期という
イメージが強いですが、

中年期から認知症の「芽」は育っており、
早期からの予防が大切です。

そこで今回は、
中年期から認知症予防を行うには
どうすればよいのかについて
お伝えしてまいります。
 

スポンサードリンク
  

中年期から認知症予防を行うにはどうすればいい?

高齢社会白書(2017年度版)によると、
65歳以上の認知症患者は
462万人で7人に1人の割合です。

高齢化が進み、2025年には5人に
1人になるとの推計もあります。

世界保健機関(WHO)は2019年、
認知症になるリスクを
へらす手引を初めて公表しました。

加齢よりも、運動不足、
栄養などの生活習慣、

心の問題が認知症の
要因になると指摘されています。

何かをすれば絶対に認知症に
ならないというものはありませんが、

運動、栄養、睡眠、社会的な活動などを
見直すことでリスクは低減できますので、
積極的に取り組んでみてもよいでしょう。

認知症予防に40~50代から
始めるべきことは何でしょうか。

まずは暴飲暴食をやめることです。

糖尿病や肥満といった認知症の
発症リスクを高める問題を引き起こすためです。

軽視しがちなのが睡眠です。

睡眠の質が良くないと、
体も頭も休まらず、寝酒は特にいけません。

運動については、意識して
歩く程度でもやらないよりはよく、
毎日体を動かしましょう。

脳に刺激を与える一つの方法としては
パズルやドリルの活用がお勧めです。

「木」と「口」で「杏」といった、
バラバラの字を組み合わせて感じを作る

パズルなども最初は時間がかかっても、
すらすらと解けるようになるでしょう。

ただ、同じことを何度も繰り返すと
効果は薄れるといわれています。

脳は刺激にすぐに慣れるため、
40~50代は仕事も家事も体が覚えて、

無意識にできるようになっているのが
かえって悪く作用しています。

●WWHOによる認知症リスク低減の推奨指針
【生活習慣の見直し】

・身体活動
・栄養
・認知トレーニング

【体の健康維持】
・体重の管理
・高血圧、糖尿病、脂質異常症の管理
・禁煙
・難聴の治療や補聴器

【心の健康維持】
・うつ病の治療や服薬
・社会参加と社会的な支援

認知症予防に向けた
新商品も登場しています。

伊藤園は2020年12月、
「認知機能(注意力・判断力)の精度を高める」とうたう
「お~いお茶 抹茶」を発売しています。
   

 

コカ・コーラシステムが2月に発売した
「からだおだやか茶W」は、
記憶力に働くというGABAを配合しています。

スポンサードリンク

 

森永乳業は近く
「メモリービフィズス 記憶対策」
シリーズでヨーグルトなどを発売予定です。
  

       
  

いずれも機能性表示食品で、
中高年をターゲットにしています。

認知症予防の運動も開発が進んでおり、
国立長寿医療研究センターは

コグニション(認知)と
エササイズ(運動)を組み合わせた

「コグニサイズ」
書籍などで情報発信しています。

全国でスポーツクラブを運営する
「ルネッサンス」は「脳の活性化メソッド」
称するエクササイズを広めています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

人と話したり、毎日違う風景を見たりして、
新しい刺激を求めることが、

いつまでも衰えない
コツかもしれませんね。

関連記事:若年性認知症の支援制度や仕事の手助けは?
     コロナ禍で認知症を予防するための過ごし方は?

  



-生活