生活

高齢者が通信費の見直しする際のポイントは?

スポンサードリンク

シニア世代の家計の支出で、
食事似ついで高いウェートを
占めるのが「交通・通信費」です。

そこで今回は、高齢者が通信費の
見直しする際のポイントについて
お伝えしてまいります。
 

スポンサードリンク
  

高齢者が通信費の見直しする際のポイントは?

総務省の家計調査(2020年)によると、
65歳以上の夫婦無職世帯では、
支出全体の12%に上ります。

このうち通信費の見直しを
どう進めればよいのでしょうか?

日常の通話やネットの
利用状況を洗い出して、

これからもよく使うものを
見極めるところからスタートしましょう。

「通話は固定電話?」
「メールはパソコン?スマホ?」
「動画配信サービスは利用する?」など、

何をどのくらい使っているかを確かめれば、
残すもの、削るものが見えてきます。

利用状況について、直近の1ヶ月間、
それが難しいなら1週間でもいいので、

丁寧に点検して、
仕分けをしてみてください。

日頃から暮らしを振り返り、
動画配信サービスで映画を楽しむなど
大量のデータ通信を利用する習慣がない場合、

従来の固定回線から、
携帯Wi-Fi(ワイファイ)ルーターに
切り替えるのも一つの手です。

さらに、パソコンでメールを送受信して、
飲食店の情報などを検索する程度ならば、

「デザリング」といって
スマホのデータ通信でネットにつないで、

固定回線やルーターを
解約することも考えてみましょう。

スマホの無料通話アプリや、
そのテレビ電話機能で友人と
会話する方法もあります。

近年は携帯大手がスマホの
割安な利用金プランを打ち出しているほか、

格安スマホ事業者も相次いで
参入していますので

スポンサードリンク

活用を検討してみても
よいかもしれませんね。

●通信費を見直す際のポイント
  洗い出しと仕分けの例
        優先順位 利用頻度
1.通話       1    ◯      
2.FAX       7    ✗
3.メール      2    ◯
4.SMS      3    △
5.アプリ      4     △
6.通販、金融取引  5    ✗
7.動画配信サービス 6    ✗
◯よく使う 
△たまに使う
✗ほとんど使わない

●通信機器の特色
固定回線・・・・・・・自宅で動画配信サービスなど利用
携帯Wi-Fiルーター・・ 開通工事が不要。自宅外でもネット利用
スマホ・・・・・・・・テザリングでネットに接続

まとめ

いかがだったでしょうか?

毎月支払う通信費の見直しは、
継続した節約効果が得られます。

ただ、サービスの切り替えに伴いね
これまでメールアドレスが使えなくなったり、

新たな機材の設定をする
手間が生じたりもしますので、

メリット・デメリットを
よく見極めてくださいね。

関連記事:ネット環境の見直しで固定と携帯を比較してみるとどうなる?
     老後資金をどう確保する?増やす手段や支出の抑え方、運用のおすすめは?



-生活
-