健康 生活

若年性認知症の対応策や対応方法は?

スポンサードリンク

若年性認知症(18~64歳)になっても、
社会の中に居場所や役割があれば、
前向きに暮らしていくことができます。

家に閉じこもらずに、
人との交流していくことが大事です。

そこで今回は、若年性認知症の
対応策や対応方法について
お伝えしてまいります。
 

スポンサードリンク
  

若年性認知症の対応策や対応方法は?

若年性認知症の人の場合、
勤めていた会社を休職したり、

退職したりした後に、
居場所をどう確保するかは大きな問題です

就労はできなくても日常生活を
こなせる間は要介護認定を受けるのが難しく、

介護サービスを利用するまでには
時間があります。

認定後も、高齢者中心のデイサービスなどを
利用することに抵抗を感じる本人や
家族は少なくありません。

大阪市のNPO法人「認定証の人と
みんなのサポートセンター」は、
当事者の居場所「タック」を運営しています。

現在は週2回、公園掃除や車椅子の清掃、
くるみボタンの制作などを行うほか、
月1回悩みや困りごとなどを話し合います。

通う場所があることで、
規則正しい生活も保ちやすくなり、

目的地まで1人で行き来することが
本人の自信にもつながり、

復職や再就職を目指す際には
アピールにもなります。

タックのように日時用的に通える
集まりはまだ少ないですが、

認知症カフェにスタッフとして関わったり、
地域のボランティアに
参加したりする方法もあります。

趣味の教室やスポーツジムなどに通う人もいます。

若年性認知症向けのプログラムを
用意しているデイケアやデイサービスも、
少しずつですが増えてきています。

若年性認知症の人の中には
子供がまだ10代、20代ということもあります。

そのような場合は病気を
どのように伝えればよいのでしょうか?

子供に心配をかけないために、
伝えたくないと考える人もいるかもしれませんが、

スポンサードリンク

そうした場合、子供は異変を感じながらも
何も知らされないことで
疎外感を覚えることもあります。

迷った時は、美容院のケースワーカーや
若年性認知症支援コーディネーターなどの
専門職に相談してみたください。

伝え方に生活はありませんが、
どんな症状が出るか、

同振興するかなど病気に関する
知識を話してあげるとよいでしょう。

うまく説明できるか不安な時には
医師の診察に同席させたり、

ケースワーカーに支援を
求めたりする選択肢もあります。

学校に通っている場合は、
要介護教諭や担任に伝えることで、

子供の不安や異変に
気づいてもらえる可能性があります。

子供世代の集まりはまだ少数ですが、
家族会などで同世代に出会えれば、
悩みや不安を打ち明けやすくなると思います。

一緒に参加してもるのもよいでしょう。

●若年性認知症の人が参加できる団体など
「日本認知症本人ワーキンググループ」
jdwg.org/
メール contact@jdwg.org

「認知症の人と家族の会」
alzheimer.or.jp/
電話番号050-5358-6580

「認知症介護研究・研修大符センター 若年性認知症コールセンター」
y-ninchisyotel.net/
電話番号0800-100-2707

まとめ

いかがだったでしょうか?

一度自宅に引きこもると外に出づらくなり、
症状の進行を待つだけになってしまいます。

できれば退職前から支援コーディネーターなどに
相談をして、居場所探しを始めてくださいね。

関連記事:若年性認知症の支援制度や仕事の手助けは?
     中年期から認知症予防を行うにはどうすればいい?



-健康, 生活
-,