生活

計画的に積立て貯蓄をするにはどうすればいい?

スポンサードリンク

子供の進学や住宅購入...
人生の節目では多額の出費が
見込まれることも多くあります。

日頃から積み立てて置くことが肝心です。

毎月の給料から一定額を先取りして
貯蓄に回すなど計画的に取り組んで、

家計への負担を少しでも
軽くしたいところです。

そこで今回は、計画的に
積立て貯蓄をするには

どうすればよいのかについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

計画的に積立て貯蓄をするにはどうすればいい?

目標がの目安は大学進学なら
4年間の学費の半分程度、

住宅購入なら頭金などとして
物件価格の2~3割が理想です。

失業・病気などのアクシデントへの備えも、
少なくとも生活費の6ヶ月から
1年分は蓄えておきたいところです。

これらは、どうやって
手当したらよいのでしようか?

超低金利が続く中、
積み立て投資に対する非税制度
「つみたてNISA」などに目が向きがちですが、

近い将来、使うことが
はっきりしているお金には適しません。

値下がりリスクもある
投資信託の運用のため、

肝心な時に蓄えが目減りしていて
お金が足りないといった心配があります。

そこでお勧めしたいのが、
給料が振り込まれたら
最初に一定額を貯蓄分として「先取り」して、

元本が保証された定期預金などで
コツコツと積み立てる
「先取り貯蓄」です。

必要額を蓄えるにのは
時間がかかります。

計画を立てて、
きちんと実行することが大切です。

成功させるには、
月々の収入から支出した

残りを貯蓄するのではなく、
給料から貯蓄分を先取りした分を

「もともとなかったもの」として
生活する習慣を身につけることです。

具体的には、
月々の生活費を見直して、

「がまんできる支出」を切り詰めた上で、
無理のない貯蓄額を設定しましょう。

設定には、家計簿を最低1ヶ月はつけて
「がまんできる支出」を出し、
生活費の無駄を削ぎ落とします。

その上で余裕を持って貯蓄可能な
金額を割り出します。

今度は、目標額から積立期間と
貯蓄額を計算します。

試算では、目標額500万円の場合、
積立期間が5年なら毎月の貯蓄額は

7万円あまり必要ですが、
20年ならやん1万8000で良よいです。

毎月の貯蓄額を少なくしたいのであれば、
期間を眺めにすることです。

二つの試算の結果支出時期を考えて、
負担可能な範囲内で

月々の貯蓄額と積立期間を設定し、
足りない場合は副業を考えましょう。

スポンサードリンク

●無理のない積立貯蓄の計画の立て方
家計簿をつけ、         目的に応じて目標額と支出   
「なくてもがまんできる支出」  が何年先か見通しを立てる
「無駄な支出」などを洗い出す」    ↓
    ↓              ↓
給料から            目標額を「積み立てする月数」
「無駄をそぎ落とした生活費」を で割り、
差し引いて           「月ごとの貯蓄額」を
「実現可能な毎月貯蓄額」を   計算する
計算する               ↓
    ↓              ↓
     「実現可能な毎月の貯蓄額」を
      上回らない内範囲内で
     「月ごとの貯蓄額」と「積立期間」を決める
             ↓
      目的が複数あれば貯蓄する口座を
      目的ごとに分ける。貯蓄合計額が
      「実現可能な毎月の貯蓄額」の
      範囲な手に収まるように注意
             ↓
           計画実行 
      ・給料から先取り貯蓄する
      ・生活費は残りでまかなう 
  

先取り貯蓄向けの金融商品に銀行などで扱う
「自動積立定期預金」があります。

給料の振り込み口座から振込日の
翌日など期末た日を指定しておくと、

自動振替で定期預金に積み立てます。

貯蓄額は1000円から設定できる金融機関が多く、
ボーナス月は多めに積み立てることが可能です。

ただ、自動積立は残高不足で
積み立てられないこともありうるので、

給料振込口座から自分で、
目的別に開いた定期預金などの口座に
移し替えるなどするとよいでしょう。

手間はかかますがが自分流の管理ができます。

千代ちくする医師の化体人、
自営業など月々の収入が
変動する人に向いています。

勤務先に、「社内預金」がある場合、
給料から一定額が天引きされる仕組みなので
確実に積み立てができます。

厚生労働省の定めで下限利率
(現在は0.5%)以上の利子がつきます。

「財形貯蓄」も給料から天引きで、
使い道に応じて一般財形、
財形住宅、財形年金があります。

一般財形なら目的も自由で
貯蓄開始から1年たてばいつでも引き出せます。

社内預金や財形貯蓄が利用できるか
勤務先に確かめてみるとよいでしょう。

●目標額を500万円を積み立てるには
       5年     10年    15年    20年
毎月積立額 7万1428年  3万5714円  2万3809万 1万7857円 

積立元利金 500万115円 500万273円  500万353円 500万581円
 合計額
(税引き後)

まとめ

いかがだったでしょうか?

預け先は金利より
手数料の負担に注意しましょう。

その上で、貯蓄は習慣化が大事ですので、
目標を持つことで意識が高まりますよ。

関連記事:幼児保育の無償化で教育資金を貯めるにはどうすればいい?
     教育費にはいくらかかる、その準備の方法は?



-生活
-