生活

高齢者が家を片付けるにはどうすればいい、その方法は?

スポンサードリンク

高齢になると家の片付けが
億劫になりがちです。

ですが、床や廊下にまで物があると
転倒する危険があり、

自宅で介護保険サービスを受ける時も
支障が出かねません。

片付けは安全性や衛生環境の確保を優先し、
家族が手伝う際は本人が
納得できるように取り組みたいところです。

そこで今回は、高齢者が家を片付けるには
どうすればいいのか、

その方法についてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

高齢者が家を片付けるにはどうすればいい、その方法は?

物のない戦後を経て
高度成長期を経験した世代は
物を所有することがステータスでした。

そのため高齢者は物を
とっておく高齢者の傾向があります。

ただ、物が多すぎて収納場所が埋まる、
何がどこにあるか管理が難しくなり、
快適な暮らしが妨げられます。

しまいきれない物を床に置くと
つまずく恐れがあります。

窓際に積み上げて喚起ができなくなれば
衛生上の問題もあります。

また、ヘルパーが家事を担う
訪問介護は大掛かりな片付け制度の対象外です。

家の中が未整理だと介護しづらく、
サービスの質が低下するので
整理整頓が重要になります。

取り組む際の心構えとしては
趣味の品々や思い出のものまで
無理に捨てなくてもかまいません。

片付ける場所や物の優先順位を
つけることが有効です。

安全確保や防災面から、
まずは生活の動線を妨げる物、

タンスの上など落下の
恐れがある場所のものから整理しましょう。

家族の人数が減っていれば
食材を管理しやすくなるよう、
冷蔵庫を小型のものに替えるのも有効です。

離れて暮らす親の実家を片付ける場合、
私物を一方的に不用なものだと
決めつけると反発を招きやすいです。

感情的にならずに、
なぜ整理する方が良いのかを伝えて、

親が何を大切にしているのかを聞いて、
コミュニケーションを取りながら進めてください。

実家との行き来も含めて、
手伝える時間は限られています。

本屋古着など処分方法が
分かりやすい物から手をつけて、

押入れの中から安全性や
衛生面に問題がなければ、

割り切ってそのままに
しておくことも考えましょう、

親が普段過ごす部屋から
取り組みたくなりますが、

スポンサードリンク

本人が不自由さを感じて
いなければ抵抗されやすいく、

例えば、あまり使っていない部屋から始めて、
アイた場所に動線や生活スペースにある物を移して
「ここに残しておこう」と説明をすると
理解を得やすくなります。

捨てるかどうかの基準として、
迷ったら残すことが基本ですが、

重要なのはいま必要な物かどうか、
まだ使えるかどうかで
残す判断をするのは避けましょう。

専門業者に依頼する際は、
複数の事業者から見積もりを取り、

作業項目が細分化されているか、
不用品の処分方法など質問に
丁寧に答えてくれるかもチェックしましょう。

キレイに片付いた家を、
元の状態に戻さないために
注意すべきことはなんでしょうか?

自分で物を管理できる範囲は6畳1間程度です。

きれいになったことを機に、
コンパクトな暮らしを心がけましょう。

片付けができるかどうかは健康への
バロメーターでもあります。

体力や気力がないときは
うまく進められません。

きれいな状態を保てなくなれば、
自分の状態に応じて収納する場所や
方法を修正しましょう。

例えば引き出しに物をしまうのが大変なら、
かごに入れるだけにするなど、
より簡単な方法に替えても良いです。

家族や専門業者が整理した後で、
使い勝手が悪いと感じた場合も同様です。

ただし、床に物を置くようになったら、
片付けが必要なサインです。

ゴミ出しが難しくなったと感じたら、
家族や行政に助けを求めてください。

家族や親戚の方は定期的に
訪問するようにしましょう。

訪れる人がいると片付けようという
気持ちも生まれます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

誤って大切な物を捨てられないよう、
必要に応じて処分の是非を本人や

家族に確認するよう
求めておくことも大切ですね。

関連記事:高齢者の片付けのポイントと方法、高齢者の忘れ物を防ぐには?
     片付けできない家族の協力を引き出すコツは?



-生活
-,