イベント 行事

ホワイトデーのお返しの意味とは?マシュマロはダメ?がっかりする?

2017/02/15

スポンサードリンク

2月の終わりが近づき
3月を前にすると男性達は
やや不安になってきます。

それはバレンタインにいただいた、
チョコレートのお返しを
しなければならないからです。

そもそもなぜ、

バレンタインのお返しをするのでしょうか?

今回はそのお返しの意味と贈るもの、
がっかりさせてしまう場合についてお伝えます。

スポンサードリンク
  

ホワイトデーのお返しにはどんな意味がある?

ホワイトデーのお返しの意味を
お伝えする前に、

そもそもなぜお返しを
しなければならなくなったか
についてご紹介いたします。

ホワイトデーはバレンタインと
対になるイベントとして
一般的に知られていますが、

バレンタインデーに女性が
男性にチョコレートを贈るという習慣は
国内のお菓子メーカーが
広めたというのはご存知の方も多いでしょう。

実はそのバレンタインのお返しだけでなく、
ホワイトデーそのものもを制定したのも
他ならぬ国内のお菓子メーカーだというのは
ご存知でしょうか?

どういうことかというと、
普及活動によって
バレンタインデーが
1970年代後半に定着し始めると

今度はさらにお菓子の流通量と
売上を増やすために
お返しをする日を作っては
どうかということで、

1978年に全国飴菓子工業協同組合が
バレンタインの一ヶ月後の
3月14日を「キャンディを贈る日」として
ホワイトデーを正式に制定します。

そしてそれから2年後の1980年から
大々的にイベントと
キャンペーンを開始させたのです。

そのため、
店頭に多くのキャンディが並び

それを贈ると

「あなたが好き」

という意味も
込められるようになりました。

ホワイトデーが正式に決まった経緯は
上記になるのですが、

バレンタインのお返しを
お菓子で行うということは

この日が正式に決められる以前から
お菓子メーカーが個別に宣伝販売していたために

対象となるお菓子も、
それに込められる意味も
バラバラになっていました。

そのため、
現在出回っている
お菓子に込められた意味も

週刊誌や雑誌が以前掲載した情報が
元になっていたり、
噂が変化したものであったりなど
出処がはっきりしないものがほとんどです。

ですが、
あなたが贈る立場や
贈られる立場になった時に
困惑してしまわないよう

巷で広まっている
それぞれのお菓子の意味を列挙いたします。

●キャンディ....あなたのことが好き

●クッキー......あなたとは友達

●マドレーヌ....あなたともっと親密になりたい

●マカロン......あなたは特別な人

●グミ..........あなたのことが嫌い

●マシュマロ....あなたのことが嫌い

あなたがお返しをする場合、
必ずしもこのお菓子の意味に基づいて
贈る必要はありませんが

あなたの本意と
あまりにもかけ離れた意味のものを
贈ってしまうと今まで上げた関係が
壊れてしまう恐れもありますので

この意味を頭に入れておいても損はないでしょう。

また、一概に贈った方が
お菓子の意味を理解してるわけではないので

恋人や意中の方から
お返しとしてクッキーや
グミを渡されても贈られた方は

ショックを受けず、
それとなく贈られたお菓子の意味について
お話してみてください。

次の章では、
ホワイトデーのお返しとして
定番になっている
マシュマロについてお伝えします。

ホワイトデーのお返しにマシュマロではダメ?

前の章をご覧いただけたのなら
ホワイトデーのお返しとして

マシュマロを贈るのことは
控えたほうが良さそうだということは
ご理解されましたよね?

ではなぜ、
こんな意味になってしまったのかというと

残念ながら定かではありません。

マシュマロを嫌いな方が
贈られても迷惑だという意味が

そんな嫌いなマシュマロを贈ってくるのは
贈る人のことが嫌いに違いない

というふうにいつの間にか
変化したものと推察されます。

それではなぜ、
ホワイトデーにマシュマロを贈ることが
一般的に広まったのでしょうか?

それはホワイトデーの起源の一つである

「マシュマロデー」にあります。

マシュマロデーとは
福岡市の老舗菓子屋である
石村萬盛堂の現在の社長さんが、

新しいお菓子を開発するためのヒントを探ろうと
少女雑誌をめくっていたところ

「男性からバレンタインデーのお返しがないのは不公平。
 ハンカチやキャンディー、せめてマシュマロでも…」

という文章を記事から見つけました。

石村萬盛堂は明治時代から
マシュマロ生地で黄身あんをくるんだお菓子

「鶴乃子」を製造販売していたので

この文章から鶴乃子の製造機械を使って
マシュマロの中にチョコレートを包んだお菓子を商品化します。

そしてその商品に込められた意味が

「バレンタインにもらったチョコレートを、
僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」

というものでバレンタインから1ヶ月後である

3月14日を「マシュマロデー」と定め
翌年のその日に売り出しました。

販売から数年後には

名称をマシュマロの白(ホワイト)をもとに
「ホワイトデー」と変更すると

続けとばかりに他のお店も
ホワイトデー向けの商品を
販売するようになったいうわけです。

ですから、元々は

「あなたのことが嫌い」

という意味とは正反対の想いが
込められいたんですね。

ホワイトデーのお返しでがっかりする場合とは?

お返しでがっかりする場合というのは
最初の章でお伝えしたマシュマロを
贈られた時のように

その意味が否定的なものであった場合ですよね。

他にもグミなんか
が同様の意味に当たりますから

もし、そのつもりがないのでしたら
これらのものは
なるべく避けたほうがよさそうです。

義理チョコなど同僚や
友人のお返しとしては
クッキーを贈るのが最適ですが、

もし、相手に対して
好意を伝えるつもりであるなら
マドレーヌやマカロンを贈られるとよいでしょう。

贈られる相手にその意味が
伝われば交際に発展するかもしれません。

まとめ

バレンタインに
チョコレートをいただいたなら
その方にお返しをすることは当然ですが、

その贈るものを慎重に選ばないと
思いがけず関係が
壊れてしまうかもしれません。

なので、この記事を参考に
相手との関係に相応しい
意味をもったお菓子を選んでください。

関連記事:ホワイトデーでお返しを忘れられたら?もらえない場合は?彼氏は? 

スポンサードリンク

-イベント, 行事
-,