生活

認知症グループホームとはどんな施設で、その費用の目安は?

スポンサードリンク

認知症の高齢者らが、
課程的な雰囲気の中で安心して
暮らすための施設に、

「認知症グループホーム」
(認知症対応型共同生活介護)があります。

住宅地にあることが多く、少人数で、
顔なじみのスタッフらの支援を受けながら
共同生活するイメージです。

そこで今回は、
認知症グループホームとは
どんな施設で、その費用の目安について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

認知症グループホームとはどんな施設で、その費用の目安は?

認知症対応型共同生活介護は
要支援2と要介護1~5の人が対象で、
一つの共同生活住居で5~9人が暮らします。

食堂やリビング、キッチン、浴室は共同ですが、
居室は原則、個室です。

全国で20万人以上が暮らしています。

グループホームでは、
認知症の症状に配慮しつつ、
りようしャ自身でて切ることはなるべく
自分で行うという「自立した生活」が基本です。

職員は施設内常駐しますが、
利用リヤ買い物、掃除、選択といった
家事を全てしてくれるわけではありません。

あくまで、自立に必要な援助をして
自分らしく過ごせるように
手伝うのが役割です。

他人が複数人一緒に生活する場だから
時にはいさかいも起こります。

ですが、色々な経験を積んできた
大人でもありますので
自然と収まることの方が多いです。

急かさず、本人のリズムに合わせた
生活が大切にしており

食事の時間や出し方、
量などもここに合わせています。

最近では看取りの対応を
しているところもあり、

暮らし慣れたホームで最後まで
過ごすことを望まれるケースも増えています。

グループホームの利用にかかる費用は
要介護度により異なります。

介護保険のしご負担分
(所得に応じて1~3割)と

スポンサードリンク

家賃や食費、水道光熱費など合計で、
1割負担だと月15万~20万ほどが目安です。

買い物代や害シュッ字の費用は別途必要です。

施設によってはに邑居時に一時金などが
必要になる場合もあります。

利用者も職員も生き生きとしているのが良い施設です。

職員はにぎやかでも、
利用者に活気がないといった場合、

利用者にあった暮らしに
なっていない可能性もありますので、

見学して雰囲気を確かめることをお勧めします。

地域に開かれているかも重要で、
認知症カフェなど、地域との交流を持つ
活動をしているかの確認もお忘れなく。

看取りへの対応は施設によって異なるため、
将来的に希望する場合は、

医療機関との連携状況も事前に
確認しておくのがよいでしょう。

●認知症グループホームのイメージ
主な特徴
・5~9人の共同生活
・職員が常駐し生活を紫衣
・できることは自分でする
・家庭的な雰囲気
     ↓
家事などを担うことで、
認知症の進行を緩やかにする期待も

まとめ

いかがだったでしょうか?

また、認知症の症状が進んだり、
医療的なケアが必要になったりした時には、

グループホームで生活を続けることが
難しくなる場合がある点にも留意が必要です。

関連記事:グループホームとはどんな施設、選び方は?
     特養老人ホーム とは どんな施設、かかる費用の目安は?



-生活
-