健康 生活

軽度認知障害(mci)とはどんな状態、予防や治療の方法は?

スポンサードリンク

物忘れが目立つ、仕事や家事でミスが増えた...
そんな記憶力や判断力の低下がみられても、

日常生活への師匠が少ない状態を
「軽度認知障害(MCI)」と呼びます。

この時で生活習慣を見直すなどして、
認知症への進行を遅らせる
取り組みが始まっています。

そこで今回は、
軽度認知障害(mci)とはどんな状態で、
その予防や治療の方法について
お伝えしてまいります。
 

スポンサードリンク
  

軽度認知障害(mci)とはどんな状態、予防や治療の方法は?

MCIと認知症との境目は、
自立して生活できるかどうかです。

脳に異常なたんぱく質がたまる
アルツハイマー病でも、

ほぼ、これまで通り過ごせている
段階であれば、認知症ではなく
MCiとされます。

国内では、2025年に約700万人が
認知症になると推計され、

MCIの人も同じ規模になると
みられています。

金沢大の調査では90歳以上の約9割が、
認知症かMCIでした。

国内外の研究によると、MCIの人は、
年5~15%が認知症が進む一方、
年16~41%は正常に戻ります。

九段坂病院(東京都)は2021年6月、
MCIの人を対象とした
「認知症予防外来」を始めました。

脳神経内科医が診察し、
認知機能検査や脳の画像検査、
血液検査などで状態を確かめます。

MCIの原因は様々で、
ビタミン不足や、甲状腺機能低下、

正常圧水頭症などが見つかれば、
薬や手術で根本的な治療を行います。
      
 
●軽度認知障害(MCI)はどんな状態
   正常
  ↓  ↑年16~41%が正常へ戻る
   MCI
  認知機能が
  やや低下
    ↓年5~15%が認知症へ進行
   認知症
  認知機能低下
  日常生活に
  支障あり
     

予防外来では、禁煙や運動、
バランスのとれた食事なと
生活習慣の見直しも助言します。

英医学誌「ランセット」は、
高齢者が抱える認知症のリスクのうち、

喫煙や運動不足、糖尿病、社会的な
孤立対策ができるとしています。

東京都の80歳代女性は、
2021年、予防外来を受診し、
MCIの状態と診断されました。

幻視が特徴のレビー小体型というタイプでした。

物忘れのほかに、
壁のシミが虫に見えたり、

スポンサードリンク

窓の外から人が
覗いているように感じたりして、
家に閉じこもりがちになっていましたが、

コーラースや体操教室に出かけたり、
生活にメリハリを付けるなどして、
幻視も減ったということです。

症状が軽い段階で医療機関を
受診する人はまだ限られており、

認知症に進む手前で見つかれば、
症状の改善や、進行の抑制が目指せます。

おかしいと思ったら、
早めに受診してください。

MCIの人を対象とした研究や
薬の開発も進んでおり、
アルツハイマー病では、

進行を長期に遅らせることを担う複数の薬が
実用化に向けて大詰めを迎えています。

国立長寿医療研究センターなどは、
国内4箇所の医療機関と「J-MINT」研究では、

MCIの約500人を対象に、
運動、栄養指導、認知機能トレーニングを
続けた効果を確かめます。

   

●認知症への進行を防ぐには
早めの受診    
原因とみられる病気
(正常圧水頭症や
 ビタミン不足などが)が見つかれば治療する

生活習慣を見直す
・適度な運動
・禁煙
・バランンスのとれた食事
・飲酒しすぎない人との交流
・認知機能トレーニング

進む研究
「J-MINT」研究
認知症への進行を抑える方法を
確立するのが目的
国内5施設でMCIの500人が参加

運動プログラム、
認知機能トレーニング、
栄養指導を1年半続けた効果を調べれる

まとめ

いかがだったでしょうか?

2015年発表されたフィンランドの研究では、
MCIの人に、定期的な運動や

バランスの良い食事といった
複数の低下を抑えられました。

日本でも実証することで、
MCIの人が長期的に取り組める
根拠のある予防法が確立するとよいですね。

関連記事:若年性認知症の対応策や対応方法は?
     中年期から認知症予防を行うにはどうすればいい?



-健康, 生活
-,