生活

高齢者が副業で収入を稼ぐには?

スポンサードリンク

長年培った経験やノウハウといった
「コト」を活用したり、

不用な家財や衣類などの「モノ」を
売買・賃借したりすることで老後の
"プチ収入"につなげることができます。

そこで今回は、
高齢者が副業で収入を稼ぐには

どうすればよいのかについて
お伝えしてまいります。
 

スポンサードリンク
  

高齢者が副業で収入を稼ぐには?

事務職であれば、データ入力や
録音データ入力や録音テープの

データの文字化作業は、
短い時間を活用して自宅で
取り組めそうです。

海外駐在経験がある人は、
翻訳の手伝いなどの仕事も考えられます。

必要とする地理引きをちゅ迂回する
スマートフォンアプリも増えています。

生活の見直しや充実感のある暮らしに
つながることも期待できそうです。

趣味の陶芸、園芸などの作品を販売したり、
教室を開いたりする方法もあります。

撮影した写真や動画が
企業の制作物等に採用されれば、

著作権者として利用料を
受け取ることも可能です。

こうした「コト」で収入を
得ることの利点は、

自分の中に蓄積したスキルや
ノウハウを人のために役立てると、
暮らしの自由十干が高まることです。

視野会との交流の機会にもなり、
孤独感の解消にもつながります。

使われていない「モノ」も
生かしたいところです。

例えば「終活」を意識する
シニア世代にとっては、
不用品の整理は大事なテーマです。

使わずに納戸や押入れに保管している
記念硬貨や食器類、

衣類が別の人にとっては思わぬ
"お宝"になることもふあります。

空いたままの自宅ガレージは
時間貸し駐車場として活用できます。

スポンサードリンク

これらの「コト」や「モノ」の
取引相手を探す際はスマホなどの
マッチングアプリが便利です。

アプリ利用時は、トラブル対応の
ヘルプデスクがしっかりしたものを
選んだ方がいいでしょう。

収入が一定額を超えると
確定申告が必要となり、

納税額が増えて、社会保険料等に
影響する場合があるので注意が必要です。

こうした活動はあくまで、
"小遣い"程度の保管的な収入で、
多大な期待をしないようにしましょう。

●「コト」「モノ」を生かした収入のイメージ
事務作業
データ入力、
テープ起こしなど

趣味・特技
園芸、写真撮影など

遊休地の活用
キッチンカーの置き場、
駐車場など

注意点
・あくまで臨時収入と考えて、
 頑張りすぎない
・初期投資にお金をかけしぎない
・ヘルプデスクがしっかりした
 マッチングアプリを活用

まとめ

いかがだったでしょうか?

頑張り過ぎは禁物です。

これまで蓄えてきた
預貯金などを取り崩してまで、
初期投資をするべきではありません。

振り回されて、生活が楽しめないような
事態は避けてくださいね。

関連記事:副業のメリットやデメリット、コツや注意点は?
     会社員の副業でも所得税の申告が必要、そのルールは?



-生活
-