健康

大腸内視鏡検査とはどのようなもの、そのハードルは?

スポンサードリンク

大腸がんの予防や早期発見に
役立つ大腸内検査は、

薬剤を服用する負担や検査中の脱衣への
羞恥心などから敬遠されがちです。

医療現場では、より検査を
受けやすくする工夫が取り入れられたり、

検査の制度を高める
人工知能(AI)が登場したりしています。
 
そこで今回は、大腸内視鏡検査とは
どのようなもので、

そのハードルについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

大腸内視鏡検査とはどのようなもの、そのハードルは?

大腸内視鏡では、直径1センチほどの
内視鏡を肛門から挿入し、
腸内の状態を確認します。

内視鏡を盲腸まで到達させ、
抜きながら10分程度、観察します。

がんを部位別にみると、
国内で患者数が最も多いのが大腸がんです。

40歳代から増え始めるため、
40歳以上には便に血液が混ざっていないかを
調べる便潜血検査が推奨されています。

異常が分かれば、
内視鏡検査で詳しく調べて
早期発見につなげます。

癌になる恐れがあるポリープを治療することで、
死亡率を半減させるとの研究もあります。

ただし、これらの検査を
受ける人の割合は伸び悩んでいます。

便検査の受診は、厚生労働省の2019年の
国民生活基礎調査では、
男性47.8%、女性40.9%でした。

また、日本消化器がん検診学会のまとめでは、
2018年度に便検査を受けた

約470万人のうち5.6%に
異常が見つかったものの、

大腸内検査を受けたのは
6割にとどまりました。

受診が進まないのは検査に伴う
心身の負担も影響しているようです。

具体的には、前日に下剤を服用した上で、
①便を出し切るために検査当日にも腸管洗浄液を使用
②内視鏡挿入時の痛み
③お尻を見られる羞恥心

などが挙げられます。

経過を確かめるには毎年、
内視鏡検査を受ける必要があります。

腸管洗浄液は水とともに
1時間以上かけて飲まねばならず、

スポーツドリンクや柑橘の風味など、
飲みやすい薬剤の開発が進んでいます。

内視鏡挿入時の苦痛に対しては
静脈麻酔を使う医療機関が
増えているようです。

また、検査でお尻を見られることに
抵抗感を強く抱く人も少なくありません。

そのため、お尻をタオルやブランケットで
覆うようにしているところもあります。

スポンサードリンク

検査を受けた主婦(54歳)は、
ポリープが複数見つかったため、
内視鏡治療で取り除いてもらいました。

別の医療機関で検査を受け取る時には、
いつもためらいがあり、

少し配慮してもらえれば
受けやすくなるのではと
思ったということです。

新型コロナウイルスの
感染拡大の影響もあり、

一時は検査を見合わせる人が
相次ぎました。

早期発見のためにも、
安心してスムーズに

受けてもらえる環境の
維持が大切です。

●大腸内視鏡検査
・肛門から内視鏡を入れ盲腸まで到達させ、
 肛門まで抜きながら腸内を観察
・検査時間は10分程度

目的
・大腸がんの予防、早期発見
・庁の病気の経過観察

敬遠される要因
・検査前に下剤や腸管洗浄液を服用
 →飲みやすい味の薬剤などの開発が進む

・内視鏡挿入時の痛みや不快感
 →静脈麻酔を使う医療機関が増えている

・お尻を見られることへの心理的抵抗感
 →タオルやブランケットで覆う工夫も

人工知能(AI)の利用
・大腸内視鏡の操作や観察には経験が豊富
・習熟度の差を補うソフトウェアの導入が徐々に進む
検査→腸内画像→AIが即座に解析→異常な部分を示す

まとめ

いかがだったでしょうか?

内視鏡検査でがんを見極めるには、
医師の経験や技術の差が
表れやすいとされています。

こうした差を補うAiを駆使した
ソフトウェアが開発されています。

複数のメーカーがすでに
厚労省の製造販売承認を受け、
医療現場で導入されはじめています。

大腸がんの疑いがある病変を的確に
見つけることに期待が寄せられています。

関連記事:大腸がんには30代や40代でもなるその症状や若年大腸がんの検診は?
     潰瘍性大腸炎はなぜ起き、どんな病気や症状?治す方法や選択肢は?



-健康
-,