ショッピング 生活

ペットのためのリフォームのポイントや商品は?

スポンサードリンク

室内で犬や猫を飼う人が増え、
ペットと暮らしやすい家に
関心が高まっています。

猫が上り下りするためのステップ、
汚れに強い床や壁など、
各メーカーは開発に力を入れています。

リフォームや新築の際は、
ペットの習性や安全面を考慮して
検討したいところです。

そこで今回は、ペットのための
リフォームのポイントや
商品についてお伝えします。 

スポンサードリンク
  

ペットのためのリフォームのポイントや商品は?

ペットフード協会が2021年に実施した
全国犬猫飼育実態調査によると、

飼育場所は「室内のみ」と
「散歩・外出時以外は室内」を合わせて、
猫は91.3%、犬は86.7%が室内でした。

  
室内でペットを飼う人の悩みには、
主に壁や床などの傷や汚れ、臭いがあります。

リフォームや新築の際は、
傷や汚れに強く、脱臭機能などがついた
製品を選ぶとよいでしょう。

猫は高いところが好きで
犬は穴蔵のような天井の
低い場所を好むなど、

ペットの習性に適した
住環境にすることもお勧めです。

各メーカーは、ペットの暮らしに
役立つ製品を次々と発売しています。
 
住宅設備大手のリクシルが開発した
猫用ステップ「猫壁にゃんぺき」は、
全体が強力なマグネットになっており、

パネルを壁に貼り付けることで
その上にスップとトンネル、
ボックスの3種類の機能パーツを設置します。

パネルの貼り付けは施工が必要ですが、
パーツはマグネット着脱式で
自由に配置換えできます。

パーツの位置を変えても
壁に穴が開ける必要がなく、
猫も飽きずに遊べるのが利点です。

ほかにも、壁の高い位置に窓と
キャットウォーク(通路)を設けて

猫が外を眺められるようにしたり、
傷や汚れに強い床材を使うことも可能です。

パナソニックは2022年2月、
花粉やペットのフケなどに含まれる
物質の働きを抑制する効果があり、

汚れや傷がつきにくい床材
「アーキスペックシリーズ」を発売しました。

抗菌や抗ウイルスなどの成分を
配合した塗装を施しています。

リクシルは、ダニなどの
アレルゲンの働きを抑制する
タイルを開発しました。
  

 
大建工業は、専門家の監修で、
ペットの安全に配慮した製品を開発しました。

犬の歩行に配慮した滑りにくい床材
「ワンラブフロアⅣ」や、
  

スポンサードリンク

ペットの飛び出しを防ぐ格子状の
ドア「ねこゲート」などがあります。
 

  
同社は、カタログ
「ペットと暮らす」を作成しました。

犬や猫の習性をふまえた
住まいづくりのヒントを紹介しています。
同社のホームページからも閲覧できます。

ペットと暮らす[ねこ編]
ペットと暮らす[いぬ編]

まとめ

いかがだったでしょうか?

家族の一員である
ペットのために住環境を

快適にしてあげたいという飼い主は多く、
ニーズはまだまだ高まりそうですね。

関連記事:ペット保険の選び方や高齢化に対応した商品は?
     ペット保険の補償割合とは?補償内容の比較と手術のみの特化は?



-ショッピング, 生活
-,