ショッピング 生活

コミュニケーションロボットとはなに、その特徴は?

スポンサードリンク

人工知能(AI)やロボットといった
テクノロジーを駆使したペットのような
「コミュニケーションロボット」に、
人気が集まっています。

コロナ禍で人と合う機会が減っており、
癒やしや話し相手を求めるニーズもあります。

そこで今回は、
コミュニケーションロボットとは
どのようなもので、その特徴について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク

コミュニケーションロボットとはなに、その特徴は?

GROOVE X(グルーブエックス)が開発した
「LOVOT(らぼっと)」には
50を超えるセンサーがついており、

360度カメラで人の顔や声、
障害物などを認識します。

搭載されてたAIが接し方を学習し、
かわいがるほどになつくようになります。

重さは約4キログラムで、
抱っこするとほんのり温かいです。

あてらしい表情を追求し、
瞳のデザインが変わって
様々な表情を示しています。

2019年の発売以来、
売れ域は好調で、コロナ禍前に比べて、
販売台数は10倍以上に増えました。

価格は1体35万円程度と
決して安くはありません。

役に立つというわけではないが、
人に寄り添い、心を満たしてくれる
ロボットを目指したということです。


          

 

同じく新興企業のユカイ工学は、
口に指を入れると甘噛するロボット
「甘噛みハムハム」の発売を2022年夏に予定しています。

赤ちゃんやペットが甘えるしぐさを再現し、
噛むだけという一風変わったロボットですが、
強さやリズムを数十パターン用意して、
飽きずに楽しめます。
      

2018年発売のしっぽがついた
クッション型ロボット「Qoobo(クーボ)」は、
なでると動物のようにしっぽを振ります。

なで方によって動きを変えるので、
感情が伝わっているように思えます。

アレルギーがあってペットが変えない人に好評で、
累計販売台数は3万台を超えました。

言葉や表情がなくても、
ユーザーが想像する余地も残しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スポンサードリンク

Petit Qoobo gris(プチ クーボ グリ 灰色) 【送料無料】 小型 しっぽ クッション ロボット 癒し ペット ネコ 型 介護 枕 かわいい
価格:9900円(税込、送料無料) (2022/3/24時点)

 

シャープはスマートフォンのような機能を
兼ね備えたロボットを開発しました。

「RoBoHoN(ロボホン)」は、
50種類を超えるアプリがあります。

通話やメールのほか、
人やモノが動いたりすると

検知して写真を撮影し、
メールで送信してくれる
留守番機能もあります。

ほかにも、健康管理をアドバイスしたり、
危機対局をリクエストすると、
歌ったりする多能ぶりです。

アプリは定期的に更新され、
歌える曲や踊れるダンスも
増えて成長していきます。

有料の健康診断のサービスを使えば、
向上でセンサーなどの動作を
チェックしてくれます。

離れて暮らす両親へのプレゼントや、
留守番をしているこどもの見守りにも活用できます。

メーカーは長く愛用してもらう工夫を
続けたいということです。

 

 

●主なコミュニケーションロボットの特徴
・らぼっと(グルーブエックス)
 生き物のような特徴
・ロミィ(ミクシィ)
 日本語を学習する
・チャーリー(ヤマハ)
 メロディーに乗せて会話
・ロボホン(シャープ)
 スマホのような機能も

まとめ

いかがだったでしょうか?

深層学習で対話できるようになったのが
最近の特徴です。

今後はコミュニケーションを
取るだけでなく、

日頃の生活に役立つロボットが
登場してくるかもしれませんね。

関連記事:音声認識商品のおすすめは?
男女共通で平等なおもちゃは?
       
                     




スポンサードリンク

-ショッピング, 生活
-,