生活

老後資金の準備はどうする、その方法は?

スポンサードリンク

「人生100年時代」と言われていますが、
老後の生活資金の準備のためには、

年金のほかに、食費や通信費の節約といった
家計を見直すことも必要になります。

そこで今回は、老後資金の準備は
どうすればよいのか、

その方法について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

老後資金の準備はどうする、その方法は?

人生100年時代では、
多くの人が20打前半で働き始めて
約40年間働きますが、

その後40年間は収入が
ないということになります。

できるだけ早い時期から
老後資金の準備を勧めておくことが、
将来の自分への「仕送り」になります。

そのためには、
「収支をしっかり管理する」
「結婚や自由宅の購入など、
 ライフプランの見通しを立てる」
「資産を増やす」
といった

ポイントをしっかり押さえることが大切です。

ただ、年齢ごとに収入や
暮らし方も変わります。

20代はまず、公的年金制度について
大まかな仕組みだけでも知っておきましょう。

老後の不足分をどれぐらい補えばいいのか、
イメージしやすくなるためです。

それから活用したいのが、
「iDeCo(イデコ)」や
「つみたてNISA(ニーサ)」
です。

いずれも非課税で長期の
積み立て投資ができるものです。

ニーサは運用した遺産をいつでも受け取れて、
イデコは60歳まで受け取れません。

ただ、イデコは非課税機関が長く、
始める年齢が視野位ほど得するなど、
税制面での優遇が大きく、
老後の資金作りに向いています。

それぞれの特徴を確認しておきましょう。

どちらも運用次第では
元本割れの可能性があります

受け取り時期が近くなった時に、
運用益を確定して、

定期預金を適切に
対応することも大切です。

30代は結婚や転職などの転機を
迎えることも少なくありません。

出産、教育資金や自由宅購入費から、
老後の生活費や介護費まで、

スポンサードリンク

必要となりそうな
ライフイベントを想定して、
かかる費用を調べておきましょう。

ちなみに、老後資金は月に26万円が
必要と言われています。

介護にはさらにお金が必要になります。

現状の収支や資産で、
「補えていない」
「収支の見直し方が分からない」
「今の資産形成・運用に不安がある」という人は、

信頼できるプロの相談先を
見つけておくのが、おすすめです。

特に、親の介護や自身の病気、
子供の進学などに
向き合うことの多い40代以降は、

生命保険やローンなど自分が
見直したいものを専門とする

フィナンシャルプランナーを
探すのも良いでしすね。

●主なライフイベントにかかる費用の目安
結婚費用
約469万円
有能、婚約~
結婚、新婚旅行まで

出産費用
約52万円
入院料、分娩料、
検査、薬剤料など

教育費用
約1002万円
子供一人あたりの総額。
幼稚園から高校まで公立、
大学のみ私立の場合

住宅購入費
約3494万円
マンションの場合は
約4521万円

まとめ

いかがだったでしょうか?

定年退職後、余裕のある暮らしを
維持するためには、

「老後も働く」「長く稼ぐ」という選択肢も
検討してみてもよいかもしれません。

50代のうちに資格や
スキルを取得するなどして、

次の50年に向けた生き方や
働き方を考えてみましょう。

関連記事:老後資金をどう確保する?増やす手段や支出の抑え方、運用のおすすめは?
     老後の家計の準備はどうする、家計の見直しは?



-生活
-