健康

肺マック症とはなに、その症状や治療薬は? 

スポンサードリンク

「肺マック症」は、身の回りの水や
土などの環境に存在する2種類の細菌が
引き起こす慢性の感染症です。

せきやたんなどの症状は結核と
似ていますが別の病気で、

中高年の女性を中心に
かかる人が増えています。

症状の進行は緩やかですが、
治療薬を数年間飲み続ける必要があります。

そこで今回は、
肺マック症とはどのようなもので、

その症状や治療薬について
お伝えしてまいります。 

 

スポンサードリンク
  

肺マック症とはなに?

自然界に生息する細菌には、
「抗酸菌」と呼ばれる種類がいます。

100種以上が存在しますが、
このうち結核を起こす結核菌、

ハンセン病を起こすらい菌を除いた細菌による
感染症を「非結核性抗酸菌症」と呼びます。

肺マック症はこのうちの9割を占めており、
「マイコバクテリウム・アビウム」

「マイコバクテリウム・イントラセルラー」
という細菌が引き起こします。

肺マック症という病名は、
これらの細菌の頭文字に由来します。

厚生労働省の研究班が
2014年に実施した調査によると、

非結核性抗酸菌の罹患率は
10万人あたり14.7人で、
2007年に比べて2.6倍に増えていました。

特に、中高年の女性の患者が目立ちますが、
理由ははっきりしていません。

基本的に人から人へうつることはなく、
庭の手入れや浴室の使用時に
感染するケースが多いと考えられます。

●感染の仕組み
1.浴室の使用や庭の手入れなどの際に、
 原因となる最近を吸い込む
2.肺で繁殖。炎症が起きる

原因となる細菌
マイコバクテリウム・アビウム
マイコバクテリウム・イントラセルラー
    ↓
浴室のシャワーヘッドや
浴槽の注ぎ口など身近な環境に存在

  

●肺マック症を引き起こす細菌

    →らい菌:ハンセン病
抗酸菌→→結核菌:結核
    →非結核性抗酸菌:非結核性抗酸菌→約9割が肺マック症
     (100種異常が存在)

 

肺マック症の症状は?

初期はせきやたんで、病状が進行すると血たん、
肺からの出血で血を吐く「喀血」、

気管支拡張、体重減少などの
症状が出てきます。

ただし、無症状の場合も少なくありません。

個人差はありますが、
症状は非常にゆっくり進行します。

肺に炎症が起こるため、
無症状の場合も含めてレントゲンや

CT(コンピューター断層撮影法)の画像では、
肺に白い影が映ります。

このため健康診断や
人間ドックで病気が見つかり、
受診につながることが多いです。

画像から肺マック症と疑われる場合は、
たんの検査を複数回実施します。

菌が2回以上確認されれば、
肺マック症と診断されます。

スポンサードリンク

●肺マック症の症状
初期
・せき
・たん
 ↓
 ↓非常にゆっくり進む
進行
・血たん
・喀血
・気管支拡張
・発熱
・体重減少
など

肺マック症の治療薬は?

「リファンピシン」「エタンブトール」
という結核治療薬と、

「クラリスロマイシン」という抗菌薬を
併用する治療が基本です。

いずれも飲み薬で、
通院しながらの治療になります。

肺マック症に有効な薬は限られており、
薬を飲んでも十分な効果が
得られない人もいます。

効果がある場合でも、
たんから菌が検出されなくなってから

1年間は薬を飲み続ける必要があり、
服用は数年間に及ぶことが一般的です。

まれにリファンピシンで
肝機能の低下、

エタンブトールで視力の低下といった
副作用が出ることがあります。

また、クラリスロマイシンの長期服用では、
耐性菌がでる恐れがあります。

2021年、新たな治療薬として
吸入薬「アミカシン」が承認されました。

1日の薬代は約4万円ですが、
保険が適用される上、

医療費に上限を設ける高額療養費制度で
自己負担は抑えられます。

ただし、飲み薬による標準的な治療で
効果がなかった人が対象です。

一方、自覚症状がほとんどない場合などは、
経過観察となります。

3ヶ月に1回を目安に肺の画像を撮り、
悪化した場合に治療を検討します。

75歳以上の高齢者の場合は、
症状進行する時間などを考え、
投薬を控えることが多くなっています。
  
 

●肺マック症の治療の流れ
診断→服薬開始→1年以上→たんから菌が→約1年間→服薬終了
            検出されなくなる 

結核治療薬:リファンピシン、エタンブトール
  
抗菌薬:クラリスロマイシン:抗菌薬
 

まとめ

いかがだったでしょうか?

発症した場合、長く付き合っていく
必要がある病気です。

治療の必要性や薬の副作用については
医師からきちんと説明を受けて、

自分自身でしっかり理解した上で
治療に臨むことが大切です。

関連記事:過敏性肺炎の原因や症状、治療方法は?
     好酸球性副鼻腔炎の原因や症状、治療法は?  

  



-健康
-,