ショッピング 生活

日傘の選び方や使い方は?

スポンサードリンク

猛暑が続き、日傘に関心が集まっています。

日ぞ視野紫外線を遮る記事の加工技術が向上し、
色柄も多様化しており、

命を守るアイテムとして
1本は備えておきたいものです。

そこで今回は、
日傘の選び方や使い方について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

日傘の選び方や使い方は?

猛暑に加え、コロナ禍で
外出自粛が続いたため、

古くなった日傘を
買い替える動きが目立ちます。

1万円前後が売れ筋で、
遮光・遮熱好「」売れ筋で、

遮光・遮熱効果や
紫外線(UV)カット機能の表示があり、

小雨にも対応できる
「晴雨兼用」のタイプが好まれています。

遮光などの機能表示があれば、
色の違いで性能に大きな差はありません。

お出かけや通勤など服装や
目的に合わせて色柄を選び、
複数を使い分ける女性も増えています。

では、日傘で暑さは
どれぐらい和らぐのでしょうか?

環境省は2019年、
日傘を差し出した場合と
帽子をかぶった場合を比べて、

汗の量は日傘の方が
17%少なかったという
実験結果を示しており、

男女問わず日傘を活用することが
望ましいとPRしています。

また、大同大では素材や
色が異なる日傘を調査し、

日傘を差さない場合に比べて、
31以上で「危険」とされる指標
「暑さ指数」で平均0.9~1.8ポイント、

体感温度に当たる指標「UTCI」では
1.8~3.7度の低減効果をそれぞれ確認しました。

さらに雨傘が日傘の代わりになるかを
調べた研究では、
黒い雨傘は日傘を下回るものの、

一定の効果が認められましたが、
対策を全くしないよりは、

黒い雨傘を差す方がよく、
流通量が少ない子供用日傘の代用になります。

傘メーカーは耐久性や防水性などの機能を
様々なマークで表示しています。

スポンサードリンク

選ぶ際は日本洋傘振興協議会(JUPA)が
一定の品質や性能を保証した傘に付与する

「JUPAマーク」や、JUPA公認の
「遮熱・遮光マーク」が参考になります。

長く愛用するには丁寧に扱いたいところです。

晴雨兼用が小雨などでぬれた場合は、
広げた状態で陰干しして
しっかり乾かしてください。

乾燥が不十分だったり、
ぬれたまま閉じたりすると
生地の変色や骨のさびにつながります。

日焼け止めやハンドクリームが
ついた手でたたんだり、

無理にバンドを占めるなど
生地を強くこすって

表面の加工が傷ついたりすると、
色落ちや機能低下の原因になります。

折り畳み傘をそのままバッグに入れると、
生地がこすれるので傘袋に入れましょう。

傘を開く際は軽く2、3回降って
生地の絡みをほぐしてから行うと
破損を防ぎやすいです。

湿気の多い場所や高温になりやすい車内での
保管もカビや劣化の原因になるので、
避けましょう。

日傘は日陰を持ち歩けるだけでなく、
見た目の清涼感が得られます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

2本目を選ぶ際は気分が盛り上がる色や
デザインを探してみてくださいね。

関連記事:夏の暑さ対策アイテムや便利グッズをご紹介!
     熱中症やかくれ脱水の予防のポイントは?




-ショッピング, 生活
-,