料理 生活

夏の弁当作りはどうする、傷みにくいコツやおかずは?

スポンサードリンク

夏休みが始まると、
学童保育に弁当を持参する家庭も多いですが、

夏は食中毒の予防など、
気をつけなければいけないことがあります。

そこで今回は、夏の弁当作りのコツと
傷みにくいおかずをお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

夏の弁当作りはどうする、傷みにくいコツやおかずは?

お弁当はしっかり加熱した後、
冷ましてから詰めるのが基本で、
夏は特に気をつけましょう。

ごはんやおかずは温かいままだと
菌が繁殖しやすくなるため、
冷ましてから詰めます。

ご飯は冷めにくいので、
最初に詰めて、

上にキッチンペーパーなどをかけ、
保冷剤も使って冷まします。

添える野菜も、生ではなく
加熱した野菜がおすすめです。

生野菜を入れる場合は、
切らずに入れられる
ミニトマトなどがよいです。

ヘタを取って、洗って
水気を拭いて入ります。

メインのおかずも手早く作り、
冷ます時間をしっかり取りましょう。

お勧めは、電子レンジ調理です。

焼き加減を見なくてもいいため、
忙しい朝に重宝します。

コンロの火を使わないので、
部屋も暑くなりにくいです。

メインになる肉のおかず2種

まずはレンチンハンバーグからお伝えします。

パン粉を多めにして、
冷めても固くなりにくくします。

【 材料=1人分】
合いびき肉90g
玉ねぎ(みじん切り)大さじ2杯
パン粉(乾燥)大さじ3杯
牛乳大さじ11/2杯

ソース
トマトケチャップ大さじ2杯
ウスターソース小さじ1杯
水小さじ1杯
片栗粉小さじ1/3杯
  
合い挽き肉、玉ねぎ、パン粉、
牛乳、塩とコショー各少々を練り合わせ、

2~3等分にして楕円形にまとめ、
耐熱容器に並べる。

食品用ポリ袋で練ると、
洗い物が少なくて済みます。

忙しい時は、耐熱容器で混ぜて成形し、
そのまま加熱しても大丈夫です。

ソースの材料を混ぜ合わせ
肉だねの上にかけます。

ふんわりとラップをかけ、
電子レンジ(600W)で
約3分加熱して火を通します。

竹串を刺して、透明な汁が
出てくれば火が通っています。

スポンサードリンク

弁当箱に詰める時は、
一度キッチンペーパーの上などにおき、
油や汁気を切ってから詰めます。

3等分よりも小さくしすぎると
加熱後固くなりやすくなります。

子供用に作る場合も、
2~3等分で作って加熱し、
詰め時に半分に切るなどしてください。

同様の作り方で、
もう1品、レンチンつくねもご紹介します。

【 材料=1人分】
鶏挽き肉90g
長ネギ(みじん切り)大さじ2杯
パン粉(乾燥)大さじ3杯
しょうが(すりおろし)小さじ1/4杯

タレ
醤油小さじ2杯
みりん小さじ2杯
砂糖小さじ1杯
片栗粉小さじ1/2杯  

鶏挽き肉、長ネギ、パン粉、
塩少々、しょうがを練り合わせます。

2~3等分にし、楕円形にまとめて
片栗粉小さじ1/2をまぶし、
耐熱容器に並べます。

タレの材料を混ぜ、
肉だねの上にかけます。

ふんわりとラップをして、
電子レンジ(600W)で
約3分加熱して火を通します。

上下を入れ替えてタレを絡めます。

ハンバーグもつくねも、
冷めてもやわらかく、箸が進む味です。

ソースやタレがあるおかずは、
キッチンシートを仕切りにするといいですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

この時期は保冷できる弁当箱などの
商品も多く店頭に並んでいます。

蓋が冷凍して使う
保冷剤になっているものや、

保冷機能が付いた弁当バッグ、
おかずやご飯の上に載せる
抗菌シートなどが人気です。

こうしたグッズも活用して、
夏の弁当作りを乗り切りましょう。

  

関連記事:傷みにくい弁当箱にするには?弁当の食中毒は温度が大切!食中毒対策
     弁当のご飯を傷みにくくするには?食中毒を防ぐ酢や香辛料を使ったレシピ




-料理, 生活
-,