生活

子供名義口座のメリットとデメリットや注意することは?

スポンサードリンク

金融期間などで子供名義の口座の開設を
検討している人もいるでしょう。

開設すると、キャッシュレス決済で
マイナポイントが付与されるほか、

証券会社などで専用口座を作ると
非課税で投資などもできます。

ただ、子供の名義の口座を持つ上で、
贈与税など注意すべき点があるので
確認しておきたいところです。

子供名義口座のメリットと
デメリットや注意することついて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

子供名義口座のメリットとデメリットや注意することは?

政府はマイナンバーカードの普及や
消費喚起のために一人当たり
最大2万円相当のマイナポイントを付与します。

対象にはコドともも含まれ、
15歳未満の未成年は保護者が申請できます。

2023年2月までにマイナンバーカードに
公金受取口座の登録をすると

7500円分のポイントが付与されますが、
子供の分の登録は子供名義の口座が必要です。

子供名義の口座があると生活費に紛れずに
子供のためのお金を貯金しやすく、
子供のお小遣いやお年玉も残しやすくなります。

子供名義の口座を作る際に、
父親らがその口座に入金していると
問題が起こる可能性があるため、

子供の下の名前入りなどの
専用の印鑑を用意しましょう。

例えば父親の届け出印を使って、
父親が子供名義の口座に
定期的に入金していたとします。

そうした場合に父親が死亡すると、
親族名義で財産を残す

「名義預金」とみなされ、
税務署から相続税の申告漏れを
指摘される可能性があります。

入金額にも気をつけたい。

1年間で110万円超入金すると、
越えた分が贈与税の
対象となる可能性があります。

年間110万円以下の贈与税を
毎年繰り返す「連年贈与」を行う場合は、

親と子がそれぞれ署名、
押印した「贈与契約書」を年1回作るか、

口座への振込を行って、
入金記録をつけておきましょう。

正しい方法で贈与すると、
相続税対策にもなります。

子供の口座を作ったまま
放置するケースがあり、

10年以上使わないと休眠預金となり、
通帳やキャッシュカードが

使えなくなることもあるので、
定期的に入出金しておきましょう。

子供にサプライズで預金口座を
贈りたい人もいるかもしれませんが、

口座の存在を内緒にしておくと、
将来同じ金融期間で口座を
開設することが難しくなります。

子供がある程度の年齢になったら、
通帳やカードなどを一緒に管理して、
子供の金銭感覚を養っておくとよいでしょう。

●子供名義口座でお金をためるメリットとデメリット
子供名義口座
メリット
・生活費と区別して子供のための
 教育費などの資金を確保することができる
・預金通帳を子供にそのまま残すことができる

スポンサードリンク

デメリット
・子供の成人後は原則親が
 口座の手続きをすることはできない
・入金が年間110万円超になると
 贈与税がかかる場合もある

親名義口座
メリット
・子供が成人した後に親が資金を
 管理することができる

デメリット
・通常の生活費と区別がつきにくい
・子供に資金を渡す際に、
 贈与税がかかる場合がある

  
  
 

子供名義の口座を開設して、
投資を行う
「ジュニアNISA
(ニーサ、少額投資非課税制度)」

人気が高まっています。

ジュニアNISAは専用口座で
年間最大80万円まで株式や
投資信託などに投資できます。

投資で得た配当や売却益などは非課税です。

人気の理由はお金の引き出し制限が
緩和されたためです。

現在は原則として子供が
18歳の12月末になるまで引き出せず、
それ以前に引き出すと課税される。

それが2023年末に制度が廃止されるため、
その後はいつでも非課税で
引き出せるようになります。

ジュニアNISAは教育費を確保するために
利用されることが多くあります。

教育費が必要な時期は
進学状況で変わることが多く、
制限緩和が歓迎されたようです。

ただ、これからジュニアNISAを始めた場合は、
廃止までの2年間で160万円が上限になります。

ジュニアNISAなどを活用して
子供の資産形成をしてもよいでしょう。

また、祖父母や親から、
30歳未満の子供や孫へ、

教育にかかる資金を贈与する歳、
様々な条件がありますが1500万円までは
非課税ということを知っておきましょう。

●ジュニアNISA
・子供名義口座で2022年から合計160万円非課税で投資できる
・2024年以降はいつ引き出しても課税されない
・2024年以降は新規投資はできないが、
 18歳になるまで「継続管理勘定」で系ぞき保有できる。
 18歳以降はNISAへ移管できる

まとめ

いかがだったでしょうか?

成人したら原則として子供が
口座の手続きとして

子供が口座の手続きをして、
親は関与できません。

将来のため、子供と話し合いながら
口座を役立ててくださいね。

関連記事:子供にお金の大切さを教育する絵本は?本の楽しさを伝えるには?
     nisaの基本や注意点とは、2024年に制度が変更される?
  
  
 



-生活
-