生活

子供に氷遊びを楽しませるコツは?

スポンサードリンク

猛暑が続いて、熱中症の恐れもあるので
子供の外遊びは控えたいところです。

そんな時は家の中で親子で
「氷遊び」を楽しんでいかがでしょうか。

そこで今回は、
子供に氷遊びを楽しませるコツについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

子供に氷遊びを楽しませるコツは?

まずは「氷でお絵描き」です。

用意するのは、水と製氷皿、
画用紙、食紅(好きな色)、
レジャーシート。

製氷皿に食紅適量と水を入れて混ぜ、
冷凍庫で凍らせ氷絵の具を作らせます。

床に敷いたレジャーシートの上で、
画用紙に氷絵の具ですくに絵を描きます。

氷を滑らせるだけで画用紙に色が付くので、
1歳前後でも楽しめます。

次は「氷のオブジェ」

プリンや牛乳パックなどの空き容器に、
草花や凍らせてもいいプラスチック製の
おもちゃと水を入れて氷にします。

完成した氷のオブジェは
眺めても涼やかですが、

5歳頃なら、氷閉じ込めたおもちゃを
「早く脱出させよう」と
ゲームにするとよいですね。

氷を壊したり解かしたり、
試行錯誤させると面白がります。

最後は「氷ボウリング」です。

レジャーシートの上で、
氷を滑らせてペットボトルに
命中させて遊びます。

ペットボトルの位置や
数を変えてもよいです。

スポンサードリンク

子供が氷やおもちゃを
誤飲する恐れがあります。

必ず大人も一緒に遊んでください。

汚れてもいい服を着させて、
子供の興味のままに遊ばせてください。

氷遊びは学びが多く、
好奇心も育みます。

子供は様々な体験を通し、
安全かどうかなどを判断する
認知能力が発達していきます。

氷遊びは氷を握ると
「冷たい」と感じ、

氷が体温で解けることや落とすと
割れることなど物理を学べます。

保護者は、氷を触って遊ぶ子供に
「どんな感じかな」と尋ね、

表現した言葉や疑問を
受け止めてあげましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

もう一度氷を作る、
安全に配慮して手で氷をたたいてみるなど、

子供の好奇心に応えながら
一緒に遊んであげてくださいね。

  

関連記事:子供に楽しく運動させる習慣をつけさせるには?
    外出自粛中でもできる子供の教育につながる遊びは?



-生活
-