生活

高齢者におすすめの防災アプリは? 

スポンサードリンク

9月1日は「防災の日」でしたが、
スマートフォンが急速に普及し、

日常生活はもちろん、
災害時にも欠かせません。

そのため高齢者とはいえ、
情報収集などに活用できるように
備えておきたいところです。

そこで今回は、高齢者におすすめの
防災アプリについてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

高齢者におすすめの防災アプリは?

災害時はテレビを頼りにしてがちですが、
大規模な被災地の報道が多く、

身近に危険が迫っているか分からず
不安を感じたことはないでしょうか?

そのような場合にスマホが使えるように
慣れておけば災害への備えにもなります。

災害弱者、情報弱者とされる高齢者に、
スマホを防災に役立ててもらおうという
取り組みが広がっています。

KDDIは2012年から高齢者に向けて
携帯電話の使い方講座を始め、

2016年からは防災について
詳しく教えるコースを全国展開しています。

講座では、自治体のホームページで
ハザードマップや避難所を
確認する方法などを説明し、

スマホでの文字入力が苦手なシニアに、
音声での入力もすすめています。

停電時にはテレビが見られなくなるので、
スマホでの情報収集が生命線になります。

その際に役立つのが防災アプリの活用です。

アプリを起動しなくても
自動的に情報が送られてくる
「プッシュ通知」は、

近くの河川の情報などを
迅速に知らせてくれます。

スポンサードリンク

NTTドコモ モバイル社会研究所によると、
「Yahoo!防災速報」や
「NHKニュース・防災アプリ」などの人気が高く、

自治体の防災アプリは、
地元の避難所開設情報や
ハザードマップなどの確認もできます。

地域の人々と情報を共有することも重要です。

地域の防災イベントに参加するなど、
地元の人々や行政との関わりを持ち、

いざというときに助け合える
関係を築くことも大切です。

実際に避難するタイミングを決めておく
「避難スイッチ」という考え方もあり、

例えば近くの水位がどれだけ
上昇したら避難所に行くのかなどを、

地域住民で事前に確認し
情報共有しておくことです。

特に高齢者は避難に時間がかかるため、
早めの対応が重要になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

同じ自治体内でも、
地域によって危険度は違います。

住んでいる地域の情報を適切に拒絶し、
避難につなげてくださいね。

関連記事:災害時に高齢者の避難をどう支援する?
     災害の時に高齢者が在宅避難に備えてしておくことは?
 
 



-生活
-