健康

脳梗塞とはどんな病気、その治療法や発症した場合は?

スポンサードリンク

国内で毎年約20万人が
発症するとされる脳梗塞は、

脳の血管が血の塊(血栓)で
突然詰まって起こる病気です。

後遺症が残るケースも多く、
異変を感じたら、
一個味も早く適切な治療を
受けることが重要です。

そこで今回は、
脳梗塞とはどんな病気で、
その治療法や発症した場合について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

脳梗塞とはどんな病気?

脳梗塞の主な原因は、
不整脈の一種の心房細動や、

生活習慣病の影響で
起こる動脈硬化などです。

脳の血管が血栓で詰まり、
神経細胞が壊死してしまいます。

厚生労働省の人口動態統計によると、
毎年約6万人が亡くなっています。

また、発症した人の半数程度に
後遺症が残るとされています。

脳梗塞は、
1.ラクナ梗塞
2.アテローム血栓性脳梗塞
3.心原性脳梗塞栓症

の三つに分類されます。

ラクナ梗塞は、
細い血管が詰まるものです。

壊死の範囲が小さく、
症状も比較的軽いため、

気付かないケームもありますが、
認知症につながる恐れがあり
日本人に多くみられます。

アンテーローム血栓性脳梗塞は、
太い血管が動脈硬化で細くなり
血栓が詰まるもので、
壊死の範囲も広くなります。

高血圧や高脂血症、
糖尿病などの人によくみられ、

食生活の欧米化に伴い、
最近増えてきています。

心原性脳梗塞は、
心臓にできた血栓が血管まで
運ばれて詰まるものです。

特に、脳の太い血管(主幹動脈)に
血栓が詰まっている場合は重症化しやすく、
速やかな対処が求められています。

●脳梗塞の症状
・顔や腕にマヒ、しびれが出る
・ろれつが回らない、空いての言うことを理解できない
・片方の目が見えない、視野が欠ける

年間推定20万人か発症
年間約6万人が死亡
脳の血管で血の塊(血栓)が詰まる病気

脳梗塞の治療法は?

急性期の治療には、
「t-PA」という薬を点滴で投与して

血栓を溶かす方法(血栓溶解療法)と、
脚の血管からカテーテル(細い管)を入れて
血栓を取り除く方法(血栓回収療法)があります。

t-PAは、発症後4時間半以内に始める必要があります。

時間がたつと脳出血のリスクを
高める副作用が知られており、
早く実施しなければなりません。

血栓回収療法は、血栓そのものを
カテーテルで取り除くものです。

カテーテルの先端につけた器具で
血栓を引き抜いたり、吸引したりします。

スポンサードリンク

こちらも血栓を取り除くまでの時間が早いほど、
治療効果は大きくなります。

2022年2月、血栓回収療法について
兵庫医科大などが医学誌に
論文を発表しました。

病院到着時に広範囲に脳梗塞がある場合、
血栓回収療法の対象外でしたが、

論文ではそうした場合でも
効果があることを示しました。

今後の治療方針で血栓回収療法の
適応が広がる可能性があります。

また、関連学会が中心となり、
カテーテルを使った治療が
適切に行える専門医の育成を進めています。

さらに命を守り、後遺症を
減らせるようになるかもしれません。

●脳梗塞な主な治療法
血栓溶解療法
「t-PA」と呼ばれる薬を投与して血栓を溶かす

血栓回収療法
脚の付け根からカテーテルを入れ、血栓を取り除く

脳梗塞を発症した場合は?

脳梗塞の早期治療につなげるため、
覚えておきたい言葉があります。

英語の頭文字で「FAST」です。

最初の三つの文字は、
典型的な症状を示しており、
Fは「 Face」で顔のマヒ、
Aは「Arm」で腕のマヒ、
Sは「Speech」で言葉の障害を表します。

そして、Tは「Time」。
異変に気付いた時は、

脳梗塞を疑ってすぐに
119番するという意味です。

症状が数分から数十分で
自然に消えることがあります。

しかし、これは継承の脳梗塞であったり、
脳梗塞の前触れであったりする恐れがあるので、
決してそのままにはしないでください。

●早期治療のキーワード「FAST」
F Face(顔)うまく笑顔が作れない
A Arm(腕) 腕を挙げたままキープできない 
S Speech(言葉) 短い文がいつも通りしゃべれない 
T Time(すぐ受診)症状に気づいたらすぐに119番

まとめ

いかがだったでしょうか?

速やかな治療開始のために、
一般の方が、脳梗塞の症状や
前触れを知っておくことが重要です。

再発予防には、処方された
薬をきちんと飲むことに加え、

高血圧、糖尿病など、
再発の危険因子の管理を
心がけてくださいね。

  

関連記事:高血圧はなぜ起きる、正しい血圧の測り方や治す方法は?
     高血圧の正常数値と基礎知識は?



-健康
-,