ショッピング 生活

おすすめのレディース機能性ダウンジャケットは?

スポンサードリンク

ダウンジャケットに使われる
水鳥の羽毛に代わる、
新素材が続々と登場しています。

おしゃれにデザインされた冬用の上着は、
ドア物愛護の観点だけでなく、

その機能性や使い勝手の良さから
愛用者を増やしています。

そこで今回は、おすすめのレディース
機能性ダウンジャケットをお伝えします。

スポンサードリンク

おすすめのレディース機能性ダウンジャケットは?

近年、動物愛護などの観点からダウンを
敬遠するブランドや消費者は少なくありません。

羽根が抜けやすく、
高級ブランドの製品は
扱うクリーニング店が限られるなど、
取り扱いの難しさがあります。

2020年頃からアパレルブランドでの
需要が増えだし、
家で洗える扱いやすさ、
独特のにおいがないなど、
代替素材のメリットが浸透しました。

機能性も年々向上しており、
注目度があがっています。

各ブランドも新素材を独自開発し、
積極的に採用しています。

動物由来の素材を一切使わない
イタリアのブランド
「セーブ・ザ・ダック」のジャケットは、

中綿が再生ペットボトルと
ポリエステルを混ぜた独自開発の
化学繊維で軽くて水に強く、

繊維がきめ細かいため、
細身でおしゃれなデザインを実現しています。

保温性はダウンに劣らず、
マイナス20度の雪山に耐えられる商品もあります。

価格は2万~8万円台です。

しっかり暖かいのに着ぶくれせず、
家で洗濯できるのも利点です。

アウトドアブランド「Patagonia 」の
「ナノ・パフジャケット」は、

超極細ファイバーを羽毛そっくりの
構造にした化繊の中綿を使っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スポンサードリンク

古着 13年製 パタゴニア Patagonia ナノパフジャケット 84216FA13 キルティングジャケット レディースL /eaa215534 【211219】【HNY22】【SS2206】【SS2209】 【SS2209】
価格:13090円(税込、送料別) (2022/11/23時点)

ダウンほど暑くなりすぎず、
電車通勤の人にもお薦めです。
価格は2万7500円です。

インドネシアに自生する「カポック」という
木の実に詰まった繊維を使うのは、
日本のブランド「KAPOK KNOT」です。

湿気を含むと熱を発する繊維の特性を生かし、
おしゃれなコートなどを作りました。

このような優れた機能を持つ
ダウンの代替素材が相次いで
開発されているのは、

まず皮革や毛皮の使用に疑問が上がり、
人工レザーやファーが浸透し、

本物を使うことが上質との価値観から、
色展開などが豊富な代替素材の方が

おしゃれと捉える風潮へ
変わってきたと考えられます。

この流れを受けて、
リサイクルダウンの市場も活発化しています。

一般社団法人「グリーンダウンプロジェクト」は、
ダウン率50以上の羽毛製品を回収し、
新たな製品に再生しています。

羽毛は輸入に頼らざるを得ないのが現状なので、
安定供給が難しくなっています。

羽毛の寿命は100年以上と言われているのに、
製品以上の多くが焼却処分されているため、
国内で循環させる仕組みが求められます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

思想や理念だけでなく、
日常生活での使いやすさ、

実際におしゃれであることが、
環境や社会に配慮した

エシカルファッション隆盛の
カギになるかもしれませんね。

関連記事:ダウンウェアの着こなすポイント?ダウンベストのコーデは?
     押し洗いの上手なやり方や脱水の仕方は?




スポンサードリンク

-ショッピング, 生活
-,