健康

子供の医療費へ備えた保険や助成は?

スポンサードリンク

子供のケガや病気での入院は、
付き添いなどが必要になり、

医療費以外の負担が
発生するとことも多いです。

自治体の助成を受けつつ、
不足の事態にいかに備えるかは重要です。

そこで今回は、子供の医療費へ備えた
保険や助成についてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク

子供の医療費へ備えた保険や助成は?

本来、子供の医療費の自己負担の割合は、
未就学児で2割、小学生以上は3割です。

ただ自治体の肩代わりが進んでおり、
厚生労働省の調査によると、

すべての都道府県と市区町村で
医療費の助成をしています。

助成内容は自治体によって異なり、
子の年齢や親の年収によって

助成内容が変わったり、
一部自己負担としたりする場合があります。

子供が入院する場合は、
入用費が無償化されるとしても、

医療費以外に出費が重なることが多く、
家計に影響がないとは言えません。

例えば0歳児が肺炎で5日間入院した
ケースを見てみましょう。

自治体の助成で「初・再診料」
「投薬料」「入院料」などの
医療費負担は「0円」となると仮定します。

しかし夜泣きなどが原因で、
個室を選ばざるを得ない場合があります。

その際の差額ベッド代は1日で
約8000円(厚労省のまとめ、2019年7月1日時点)。

さらに、常時付き添いベッド代や入浴代、
飲食費なども加算されます。

病院が自宅から離れていれば、
親の交通費などもかかります。

ベビーシッターに代役を頼めば
1時間につき、1000~4000円程度の
料金がかかりそうです。

保育園の送迎が必要なきょうだいいれば、
ファミリーサポートセンターを利用したり、

家事をする余裕がなければ、
外食や惣菜の購入が

増えたりすることも想定され、
支出増となります。

収入減となる可能性にも留意し、
親がパートなどで働いている場合、

入院中、必要に応じて仕事を
休まざるをえなくなることも
ありうるからです。

●子供の入院でかかる費用のイメージ
医療機関に支払う費用
・食事療養(食事代)....3食1380円/日
・差額室料(個室利用)....平均8018円/日
・親の付き添いベッド代、

その他の自己負担費用
・付き添う親の飲食代
・ベビーシッター代
・医療機関への交通費
・入院のために身長する肌着などの衣服代
・他のきょうだいの保育園などへの送迎代、など

子供のに誘引といった不測の事態に対し、
近隣に済む両親や親戚、

友人らに、子供の世話などで助けて
もらうことができる人もいるかもしれません。

一方で、周囲の支援を得にくい場合は、
リスクに備えて、

あらかじめ情報収集を
しておくことも大事です。

医療費助成てだけでは不安だという人には、
民間の保険などに加入する選択肢があります。

主に医療保険、共済、学資保険の医療特約、
少額短期保険の四つが考えられます。

医療保険は、保険会社が様々な商品を展開しており、
差額ベッド代の保障や入院準備のための一時金、

通院保障などのメニューがあり、
目的に合わせた設計がしやすいです。

スポンサードリンク

自分が済む自治体の助成を補う形の
保障を検討することが大事です。

共済は、原則として組合員が
加入できる金融商品で、

非営利事業なため、保障内容に対し、
掛け金が割安なことがあります。

教育費の積み立てをしながら、
同時に備える場合は、

学資保険に医療特約を付ける
という方法もあります。

保険料の払い込みが終わると、
保障も終了します。

妊娠中と産後1年間の母子対象など、
メニューが多種多彩なのは少額短期保険です。

短期契約のため、期間ごとに保障内容を
変えて契約することもできます。

●子供の医療費 主な4つの備え方
医療費
保障メニューが豊富で、
目的に合った様々な設計が可能

共済
原則として生活共同組合などの
組合員が加入でき、医療保険よりも
掛け金が割安の場合

学資保険の医療特約
将来の学費支出に合わせて、
医療関連の支出に備えられる

少額短期保険
加入期間が1年などと短期で、
成長段階に合わせた契約が容易

子供は成長に合わせて、
心配事も変わり、

医療助成の年齢条件に
合わせなくなることもあります。

どの成長段階のりスクに
対処するかを考えることが大事です。

医療費助成は、未就学児や、
中学卒業までなどを
対象にしている場合が多いです。

医療保険などの加入を検討する場合は、
医療費助成がある乳幼児期からするか、

助成が切れる年齢からするかなど、
まず加入のタイミングを考えましょう。

保険料は加入年齢によって
異なることが多いです。

病気のなりやすさなどが反映されて、
0~3歳頃までやや高く、

4、5歳頃は安く、その後は徐々に
高くなっていく傾向にあります。

また、入院歴がない幼い頃は
保険に加入しやすいですが、

ある程度成長して持病などがあると、
加入出来ないリスクも高まるので
注意が必要です。

小学校入学以降は、
部活やスポーツでの骨折などが心配です。

ただ、学校でのケガには、
日本スポーツ振興センターの
災害共済給付制度が使えるがほとんどのため、

医療保険などで備えておく
必要性は低くなります。

子供の健康状態なども考慮し、
成長に合わせて、

医療関連の保険料を、
将来の教育資金などに
振り替えていくことも考えてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ベビーシッター代などの費用を
給付する特約などを

付けられる保険もあるので
家庭の状況に合った形で備えたいですね。

関連記事:子供が急病なったらどうする、判断するために方法やアプリは?
子供が急病で仕事が休めないときはどうすればいい、利用できる制度は?



スポンサードリンク

-健康
-,