生活

高齢者の住宅改修や建て替え、住み替えのポイントは?

スポンサードリンク

子供の独立や定年退職を機に、
戸建てからマンションへ住み替えたり、
高齢期の生活を見据えて

自宅を改修(リフォーム)したりする人も
いると思います。

それには生活の変化に合わせた
住居を考える際の要点を
整理する必要があります。

そこで今回は、
高齢者の住宅改修や建て替え、
住み替えのポイントについて
お伝えしてまります。

スポンサードリンク

高齢者の住宅改修や建て替え、住み替えのポイントは?

高齢になると、
子供が使っていた部屋をもてあましたり、

広い家の掃除負担が多かったりして、
住居の見直しを考える人が出てきます。

まずは、自宅を改修する場合を
考えてみましょう。

退職後は資金借り入れが
難しいこともあるので、

貯蓄の範囲内で検討することが
カギとなりそうです。

高齢期を視野に入れた改修は、
足事が弱って転倒しないように
段差を解消したり、

トイレや階段などに手すりを
付けたりすることが多いようです。

また、冬に寒い浴室や
脱衣所に暖房機を放置することで、

入浴時に血圧が大きく変動し、
心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす

「ヒートショック」のリスクを
低減するという方法もあります。

要介護者の認定を受けている人は、
自宅の改修時に介護保険から
最大18万円が支給されます。

家屋全体を住みやすくするには、
予算の許容範囲であれぱ、
建て替えも一案です。

平屋にすれば、
階段の上り下りがないため、

スポンサードリンク

2階建てと比べて移動負担が軽く、
高齢者にとって暮らしやすくなる可能性があります。

校外に住み、
日常的に自動車を運転していた人が、

運転免許返納などを機に、
交通の利便性が高い立地のマンションへ、

住み替えを検討することもあると思います。

その際は、近隣に医療機関や
介護施設があるかどうかを
確認することも大事です。

また住み慣れた地を
離れることは負担が大きいので、

頼れる家族や親類などの
近くに住むのもよいかもしれません。

●高齢期の住み替えを考える際の主な選択肢
リフォーム
・浴室やトイレなどに手すりを付けて転倒防止
・要介護者なら補助金受給

建て替え
・高齢者に適した住まいに全体を設計できる
・リフォームより費用大

引っ越し(マンション)
・維持管理の手間が少ない
・防犯の管理を軽減できる

まとめ

いかがだったでしょうか?

家屋や資金の状況によって選択肢は異なります。

どういった老後生活を送りたいのか、
まず自己分析をするのが大事ですね。

関連記事:高齢者の住まいの種類や選び方、課題や注意点は?
     高齢者の住まい探しのポイントは?



スポンサードリンク

-生活
-