早期肺がん治療とは、その 効果や予防は? 早期肺がん治療とは、その 効果や予防は?

健康

早期肺がん治療とは、その 効果や予防は?

スポンサードリンク

早期肺がんの治療は、
がんのある肺葉を取り除く
「肺葉接辞よ」手術が標準です。

日本の研究チームは2022年、
接辞よ範囲が小さい
「区域切除」を行ったほうが、

5年生存率が高いという
研究結果を発表しました。

早期発見が増えたことで、
区域説示余は増加しており、
有効性に中木が集まっています。

そこで今回は、早期肺がん治療とは
どのようなものか

その効果や予防は方法について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク

早期肺がん治療とは?

肺がんは日本では年間死亡者数が最も多いがんです。

喫煙との関係が深いとされますが、
吸わない人でも発症します。

治療には
手術、放射線治療、薬物治療の3種類があります。

早期に発見できた小さながんで、
リンパ節への転移がない場合などは手術を行います。

肺は胸の左右にあり、
右は三つ、左は二つの肺葉に分かれています。

肺葉切除は五つの肺葉のうち一つを丸ごと取るため、
呼吸機能がある程度低下します。

区域切除は、肺を18個に分けて、
がんのある区域だけを切除します。

進行しにくいがんが主な対象で、
国内では手術件数の
1割程度を占めています。

体の負担が少なく、
呼吸機能の温存が期待できます。

ただ肺葉切除に比べて
高度な記述が必要で、

切除した近くで
再発する可能性もあります。

このほかに、がんとその周囲を楔状にくりぬく
「楔状切除(部分切除)」という方法もあります。

早期肺がん治療の効果は?

慶応大の国立がん研究センターらの研究グループは、
非小細胞肺がん(2㌢以下)の患者約1100人について、
肺葉切除と区域切除の効果を比較しました。

その結果、区域切除を行った
グルーブの5年生存率は94.3%で、
肺葉切除の91.1%より高くなりました。

非小細胞がんは肺がんの
8~9割を占めています。

研究に携わった国立がん研究ンター東病院は
区域切除が早期肺がん治療の
選択肢となる根拠を始めて示せので、

患者に優しい治療法の研究を
進めたいと話しています。

●肺がんとは
・2020年に肺がんでなくなった人は約7万6000人。
男女合計で死亡者が最も多いがん(国立がん研究センター統計から)
・「非小細胞癌」と「小細胞癌」の二つに大きく分けられる
非小細胞癌:肺がんのうち8~9割を占める
小細胞癌:増殖速度が早く、転移・再発しやすい
・CTの普及で早期癌の発見が増えている

スポンサードリンク

●肺葉切除と区域切除
肺葉切除        区域切除
切除範囲 ・肺葉は右肺に三つ、  ・右肺は10個、左肺は
左肺に二つある     8個の「区域」に分けられる
・癌がある肺葉の一つを、・癌がある区域だけ切除する
まるごと切除する
特徴   ・もっとも多く行われて ・早期の呼吸機能回復が
いる          期待できる
・呼吸機能がある程度  ・切除した近くから
低下する        再発する可能性がある

5年生存率  2センチ以下の進行しにくい非小細胞癌の場合
※       91.1%      94.3%
※慶応大などの研究による

楔状切除
縮小手術
・癌と周囲だけをくり抜く

肺がんの低線量CT検診を受けた方がよい人
50~74歳の重喫煙者=喫煙指数が600以上
喫煙指数...1日の喫煙本陶✕喫煙年数
(例 1日20本✕30年)

早期肺がん予防の方法は?

肺がんは初期の自覚症状が少なく、
転移しやすいため、
定期検診による早期発見が重要です。

ただ40歳以上を対象に行われる
胸部エックス線検査では、

小さな病変や淡く写るがんの検出が
難しいとされています。

胸部CT(コンピュータ断層撮影法)は、
ミリ単位のごく小さな病変も検出できますが、
国の指定検診ではありません。

検診としては、放射線被爆量を
10分の1程度に抑えた
「低線量CT」である必要があります。

日本肺癌学会の指針では、
「死亡率低下の証拠がある」50歳から74歳の
重喫煙者に限定して低線量CTを推奨しています。

がん意外の病変も検出するため、
組織を採取する生検で高齢患者を
体調を崩すなどの不利益も指定されるためです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

誰もがCT検診を受ける必要はありません。
症状がなく検診目的ならば、

低線量で行っていてデメリットも
説明してくれる施設を選ぶとよいでしょう。

関連記事:がん検診の種類や対象、受診率は?
     がん悪液質の症状とは、治療の効果や食事療法と運動療法は?



スポンサードリンク

-健康
-,