健康 生活

赤ちゃんは冷房が寒い?手足が冷たい時は靴下とレッグウォーマーを履かせる?

暑さの厳しい夏を乗り切るには
冷房の使用がかかせませんが、

赤ちゃんがいるご家庭では気軽に、
また長時間使用してよいものかどうか
悩んでしまいますよね?

そこで今回は、赤ちゃんと冷房の付き合い方や
手足が冷たい時の対処の仕方、
防寒のための靴下やレッグウォーマーの
履かせ方についてお伝いしてまいります。

スポンサードリンク
  

赤ちゃんは冷房が寒い!?

生まれてまだ間もない赤ちゃんというのは
まだ体温調整機能が未発達なため、
自分の身体だけでは体温管理を
適切に管理してすることができません。

そのため、赤ちゃんにとって快適な環境を
周りの大人が整えてあげる必要があります。

では、赤ちゃんにとって快適な温度とは
どれぐらいなのでしょう?

赤ちゃんにとって快適な気温は夏場の場合、
25度から28度と言われていますので

それを上回っている時には
迷わず使用するのが良いでしょう。

ただ、お伝えしているように
赤ちゃんは体温調節が未熟で

新陳代謝も盛んなため
汗をかきやくなっており
冷房の風向きによっては、

赤ちゃんの身体を極端に冷やしてしまう恐れがあります。

また、お住いの環境やエアコンの性能によっては
設定した温度よりも実際の室温が
低くなることもあるので注意が必要です。

では、赤ちゃんの体温を管理するために
極力冷房は使用しないほうが良いのかというと
必ずしもそうではありません。

なぜなら、何度も繰り返しますが
赤ちゃんは体温調節が上手くできないため

身体の熱を上手く
放出することができず溜めみやすいため

夏場においては
熱中症になるリスクがたいへん高くなります。

なので、その危険を避ける意味では
赤ちゃんの体温や環境に気を配りつつ

適切な温度管理の元で
冷房を使用するのがベストといえます

赤ちゃんが冷房で手足が冷たい場合にはどうする?

とはいえ、適切な温度管理をしているつもりでも
やはり、赤ちゃんを冷房がきいた部屋で

長時間過ごさせていると
手足が冷たくなってしまいます。

なぜこうなってしまうのかというと、
赤ちゃんは大人と比較しても

皮下脂肪の量が少ないため、
外気温の影響を受けやすくなってるいるからです。

また、体温調整が未発達なため
普段は手足を冷やすことで
末端の毛細血管を収縮させて
身体に熱を集めているのですが、

手足は衣服から出ているので
特に冷房の影響を強く受けてしまいます。

ただ、これも赤ちゃんの発育のためには
ある程度は必要
なことで

体温調整が正常に行われているともいえますし、
衣服に覆われていない部分で外気に触れることで
脳への刺激や成長を促す意味もあります。

場合によっては皮膚が紫色に変化する
チアノーゼ状態になることもありますが

赤ちゃんの体温が一定に保たれ、
元気に身体を動かしているなら
そのままで特に問題はありません。

スポンサードリンク

赤ちゃんの冷房には靴下とレッグウォーマーを履かせる?

では、赤ちゃんの手足が極端に冷えていても
靴下を履かせてはいけないのでしょうか?

繰り返しになりますが
足を冷やすことで身体の体温の上昇を防ぎ、

また、そこから受ける外気や
直接的な刺激によって脳の成長を促進しているので
基本的には履かせる必要はありません。

しかし、赤ちゃんが2足歩行をできるようになり
靴を履いて外出するような場合においては必要になります。

なぜなら、赤ちゃんの皮膚の表面は弱く、
傷つきやすいので靴ずれを起こしてしまうからです。

また、靴下にはかいた汗を吸収する役割もありますので
全く不必要というわけではありません。

ただ、たとえ冷房で冷たくなっていたとしても
室内において靴下を履かせる必要がないというだけです。

そうはいっても、
やはり手足の冷えが心配だったり

冷房の設定温度の調整だけでは
上手く赤ちゃんの体温が
調整できないという場合もありますよね?

そんな時には
レッグウォーマーを履かせてあげると
足全体をを覆うこともなく、

足以外で冷えやすいふくらはぎを
覆うこともできるので防寒に最適です。

手が冷たくなっている場合には、
同じくアームウォーマーを着せてあげると
同様の効果が得られますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冷房が効いている部屋で赤ちゃんを
長時間過ごさせることに
抵抗を持つ親御さん多いかもしれませんが、

記事で何度も触れているように、
赤ちゃんは体温調節が上手く出来ません。

また、暑いや寒いなどの
言葉による意思表示もまだできませんので

赤ちゃんを健康で快適に過ごさせるために
冷房を使用して適切に温度管理をしてあげてくださいね。
関連記事:赤ちゃんの冷房のタイミングは?快適温度や湿度、タイマーは何時間?

スポンサードリンク

-健康, 生活
-,