家事 生活

夏の臭い対策、キッチンのゴミ箱や寝室の寝具はどうすればいい?

蒸し暑い夏場は家の中の臭いが
気になることがありますよね。

そこで今回は、キッチンと寝具や
寝室の臭い対策について
お伝えしてまいります。

  

夏のキッチンの臭い対策、ふきんとゴミ箱

キッチンは家の中でも
臭いがこもりやすい場所のひとつで、

こまめにシンクの排水口を掃除したり、
生ゴミを捨てたりしていても、
死角はあります。

湿気があってカビや雑菌が
繁殖しやすい4つのポイントに注意しましょう。

■台ふきん
台ふきんは、食べこぼしや
食事の油などの汚れがつき、

ぬれた状態で使うことが多いため、
雑菌が繁殖しやすくなっています。

食卓を拭き終えたら、
その都度洗って乾かしてください。

軽い水洗いではなく、
石鹸や洗剤でもみ洗いや
こすり洗いをしましょう。

除菌剤などを入れて
洗濯機で洗うのがベストで
洗った後はしっかり乾かします。

衣類乾燥機を使ったり、
天日干しをしたり、

部屋干しなら、風通しが良く
日が当たる場所に広げてください。

絞って畳んでおくだけでは、
内側が乾かず、

カビや臭いが発生する原因になります。

■食器棚
洗った食器が完全に
乾かないうちに収納しがちですが、

湿ったふきんで拭いたり、
茶碗の裏に水分が残っていたりしても、
湿気がこもる原因になります。

拭く時は、必ず乾燥にした
ふきんを用います。

水気が残っているうちは乾くまで
棚に入れないほうが良いですが、

出しっぱなしが嫌な人は
棚の中を換気しましょう。

就寝前や外出前などに扉を開け、
空気を入れ替えるとよいでしょう。

■まな板
包丁による細かな傷が残るまな板は、
洗い足りないと、

傷の中に食材のかすなどが
入り込んだままになって、
臭いの原因になります。

樹脂製のまな板は、
重曹を少量の水で溶いて

ペースト状にして塗りつけて、
キッチン用スポンジでこすり洗いします。

木製のものには、粗塩をつけ、
タワシで傷から汚れを
かき出すように洗います。

洗ったらよく水で流し、
風通しのいい場所でしっかりと乾かします。

■ゴミ箱
キッチン隅に置かれることが
多いゴミ箱ですが、

ゴミ箱そのものを洗ったり
拭いたりするだけではなく、
周辺も掃除しましょう。

臭いの成分がゴミ箱の周りに
飛び散っていることがあるので、

市販の消毒用エタノールを用いて、
雑巾などで拭き掃除してください。

少量の重曹や炭を新聞紙でくるみ、
ゴミ箱の底に敷くのも効果的で、
湿気取りと脱臭の役割を果たしてくれます。

●キッチンの臭い対策のポイント
台ふきん
・軽い水洗いではなく、
 洗剤などで洗う
・洗った後は広げて、
 しっかりと乾かす

食器棚
・食器は乾燥させてから収納する
・時々、扉を開け放して換気する

まな板
・表面についた傷の中まて洗う
・洗った後は立てかける
 などして乾かす

ゴミ箱
・消毒用エタノールなどで、
 箱の外側や周囲も拭く
・重曹や炭の新聞紙にくるみ、
 箱の底に敷く

スポンサードリンク

夏の寝具臭い対策、布団や枕

寝室も臭いがこもりがちな場所です。

原因の一つは汗で、
寝具に染みた汗や、

蒸発してたまった湿気が、
臭いの元になります。

夏は水分を多く取ることに加え、
気温や室温も上がるため、
汗の量は増えます。

新陳代謝が盛んな健康な人や若い人は、
より多くの汗をかいています。

夫婦や子供など複数人が寝ていれば、
人数の汗が部屋にたまります。

湿気を逃し、臭いの発生をおさえましょう。

■布団
ポイントは、起床後の布団と枕の扱いです。

起きてすぐにベッドメイキングしたり
布団を畳んだりしてしまいがちですが、
湿気をため込む原因になっています。

すぐに掛け布団を
かぶせたり布団を畳むと、

ベッドマットや敷布団が吸った汗が
閉じ込められてしまい、
掛け布団の湿気も取れません。

可能なら毎日干すか、
椅子の背に掛けたり、

壁に立てかけたりして
通気すると湿気を逃せます。

ですが、意外と重労働で手間がかかります。

簡単に行うのであれば、
掛け布団を半分だけ折り返した状態にし、

マットや敷布団の表面が半分だけ
出ている状態にすると、
掛け布団の湿気も逃せます。

マットや敷布団の上半分を出して、
翌日は足側から掛け布団を畳んで
マットや敷布団の下半分を出す、
というように、

上下交互に行って全体的に湿気を
取るようにすると良いでしょう。

■枕
枕も同様で寝かせたままにせず、
ベッドボードや壁などに立てかけて、

毎日、風を通すようにするとよいですね。

シーツや枕カバーも小まめに
交換して洗濯したいところですが、
やや面倒ですよね。

そこでもう一枚、大判のタオル類を
かぶせて使うのがお勧めです。

このタオルの交換だけなら
洗濯も気が重くないでしょう。

汗や皮脂が残ったカバーリング類には
ダニやカビが発生しやすく、
肌荒れの原因にもなります。

■寝室内
臭い対策のためには室内の
湿気そのものも取り除きたいところです。

除湿機を置くだけでなく、
起床後に寝室の窓と部屋のドアだけでなく、

他の部屋のマドも開けて、
空気を流すことも大切です。

また、寝室のクローゼットや
押入れの扉を開けて、

サーキュレーターの風を送り込むと、
中で空気を循環し、
湿気が取れやすくなります。

出かける前などに、タイマーなどを
セットしておくとよいでしょう。

●寝室の臭いや湿気を取るコツ
・外干しが無理なら椅子の背などに
 布団をかけて干す
・起床後すぐにベッドや布団を整えない
・掛け布団は半分だけ畳んで
 湿気をこもらせないようにする
・枕を立てて風を通す
・クローゼットや押し入れは
 扉を閉めっぱなしにしない
・扇風機などで風を送り中の湿気を逃がす

まとめ

いかがだったでしょうか?

臭いを抑える原則は、
湿気を取り除くですので

まめな乾燥や換気で、
臭いや湿気のこもらない状態にして、
夏こそ快適な環境で過ごしてくださいね。

関連記事:夏の汗の臭いにおすすめの洗剤は? 
     衣服の臭いの取り方や消す方法、体臭の原因は?



-家事, 生活
-,