ショッピング 生活

ペットの暖房温度は?お留守番のつけっぱなしでも電気代を節約するには?

ペットと一緒に暮らしていて、
冬になると気になるのが
暖房方法とその温度ですよね。

ペットと暮らしている方は、
ご自分の快適さよりも

ペットを最優先に考える方も
多いかもしれません。

そこで今回は、ペットのために使う
暖房の温度についてと、

お留守番の時の暖房の有無、
暖房の電気代を節約する方法について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

ペットの暖房の温度はどれぐらい快適?

一言でペットといっても、
犬を飼われている方もいれば

猫を飼われている方もいますので
順番にお伝えします。

まず犬の場合、一般的には
18度~22度が適温だとされていますが、

犬種によってもかなり違いますので
注意が必要です。

基本的に犬は暑さに弱く、
寒さには強い動物だと
思われているかもしれませんが、

そこはやはり、体の大きさや
被毛の長さによってもかなり違いますので、

一度ご自分の愛犬が過ごしている場所の
温度を測って確認しておかれるのが良いでしょう。

目安としては、暑い国が原産の犬は
日本の寒さには適応しにくく、

逆に被毛が上毛と下毛で
2層構造になってる

ダブルコートの犬種は
寒さに強い傾向にあります。

また、小型犬や子犬、
老犬や痩せている犬も

体温調節する機能が
低いため寒さに強くありません。

ですので、このような犬を
お飼いになっている場合には、

室温を25度ぐらい
保ったほうが良いかもしれません。

猫の場合は、元々寒がりな動物なので
犬の場合の一般的な暖房温度よりもやや高く、

20度~23度ぐらいが適温です。

猫の場合は品種によって犬と比べて、
そこまで求められる温度の差はないので

上記の温度をキープすることに
注意を払ってくだい。

ただやはり、子猫のうちや老猫の場合は
体温の調節が上手くできないため、

上記よりも1度~2度高く
設定したほうが良いかもしれません。

ペットの暖房はお留守番の時につけっぱなしにしてもいい?

ペットの暖房で気になるのがお留守番の時にも
つけっぱなしにしておくのが良いのかどうかですが、

電気ストーブやファンヒーターなど、
火事に繋がるようなものは当然ですが
つけっぱなしでお留守番させてはいけません。

加えて、これらの暖房器具は
定期的な換気のする必要があります。

そのため火事を起こさなくても、

酸欠や一酸化炭素中毒を起こし
最悪、命を落としてしまう可能性がある
ので

留守中にこれらの器具を使用することは
絶対にやめてあげてください。

では、お留守番の間は
どうすればよいのかというと

エアコンによる暖房が安全です。

温度は20度~22度程度にすると良いでしょう。

あまり温度を高くしすぎると逆に
暑すぎて弱ってしまう恐れもあるので、

ペットが自分で好みの場所と
温度を選べるように

部屋の場所に適当な温度差を
着けておいくのもいいですよ。

ここで、エアコンをつけっぱなしにして
お留守番させる場合の注意点です。

エアコンは部屋の空気を吸収して
温めて排出するため、

どうしても室内の空気も乾燥してしまうので、
そのままにすると鼻や喉の粘膜が乾いて
ウィルスや細菌への抵抗力が低下してしまいます。

ですので、バスタオルなどを部屋干ししたり
加湿器を使用したりして
湿度を保つことにも気を配りましょう。

目安としては
湿度を常に40%~50%ぐらいにするのが理想です。

スポンサードリンク

ペットの暖房の電気代を節約するには?

ペットの健康のためとは言え、
暖房を使用し続けた場合の電気代は気になりますよね?

冬場にエアコンを使用した場合の
だいたいの電気代の目安は、
一ヶ月に一部屋で5000円ぐらいです。

それに各部屋数をかけるとして
三部屋の場合には、

5000円✕3=15000円

これぐらいはかかると思っておいてください。

ですので、できるだけ
電気代を節約したければ

ペットと同じ部屋に集まって
過ごされるのが良いでしょう。

また、効率良くエアコンを使用することで
電気代を下げることもできます。

オススメなのが
サーキュレーターを使用する方法です。

空気というのは温められると軽くなるため
エアコンから送られる暖気はどうしても
部屋の天井に溜まってしまいます。

これを解消しするため、
サーキュレーターで床付近の
冷えて重い空気を天井に送ることで

部屋全体の空気を効率よく
循環させることができるため、

結果的にエアコンの消費電力を
下げることができるのです。

気になるのがサーキュレーターの
電気代だと思いますが、

1時間で約0.6円から1円程度で済むため

電気代を節約したい場合には
エアコンとセットで使用されてくださいね。

もちろん、部屋の空気が循環することは
ペットの環境にもよいので一石二鳥ですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

かわいがっている愛犬や愛猫には
冬でもできるだけ快適な環境を

用意してあげたいのが
飼い主の気持ちですが、

そのためにはある程度の出費も
覚悟する必要になります。

ですが、今回ご紹介した方法を実践すれば
そこまで電気代も高くなることはないので
ぜひご参考になさってくださいね。

関連記事:ワンルームの暖房でエアコンの電気代を効率よく節約するには?



スポンサードリンク

-ショッピング, 生活
-,