家事 料理

幼児のお弁当を作るポイントやおかずの作り方は?

幼稚園児や中高生など子供に
お弁当を持たせることも多いかと思いますが、

子供は成長するにつれて
食べる量や好みが変化します。

そこで今回は、幼児向けのお
弁当の作るポイントや
おかずについてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

幼児のお弁当を作るポイントは?

親としては、栄養バランス良く食べてほしいであったり、
好き嫌いせずに食べてほしいなどと色々と考えてしまいますが、

お弁当が始まったばかりの年少の場合、
「食べ切れること」を一番に考えましょう。

いつも親と一緒だった食事を、
一人で食べるようになるのがお弁当です。

そのため、量が多くて残したり、
食べにくくて困ったりせず、

全部食べられた! と完食の達成感を
味わえるようにしてあげましょう。

ですから、子供の好きなものや
食べ慣れたものを中心に詰めましょう。

おかずは「食べやすさ」を重視し、
「一口サイズ」が基本です。

箸を使えるようになるまでは、
フォークで刺して食べられるものにします。

ご飯もでづかみできるよう、
小さめのおにぎりや、のり巻きにすると
楽に食べることができます。

肉は冷めると硬くなりやすいので、
薄切り肉で作る肉巻きや

ひき肉で作るハンバーグ、
つくねといったものがおすすめです。

大きさも、小さめに成形するか
一口サイズに切りましよう。

唐揚げなら、そぎ切りにした
鶏の胸肉を使うと、火が通りやすくて
食べやすいですね。

味付けも食べやすさを考えて、
食べる時につけたりかけたりするのではなく、

詰める前から絡めたり、あえたりして、
食材にまとわせておくと良いでしょう。

●幼児向けお弁当のポイント
・おかずは一口サイズにする 
 大きいものは食べやすく切る
・肉は薄切り肉やひき肉を使うと、
 冷めても硬くなりにくい
・調味料は後からかけなくても済むよう、
 食材に入れこんだり、あえたりしておく

スポンサードリンク

幼児のお弁当のおかずの作り方

●幼児向けお弁当の主なおかずのの例
.「豚のピザ味くるくる焼き」

材料
豚ロース薄切り肉  2枚
ピザ用ソース 小さじ2杯
プロセスチーズ   適量

1.豚肉を広げてピザ用ソースを塗り、
 棒状にしたチーズをのせて巻く

2.フライパンに油小さじ1杯を中火で熱し、
 肉の巻終わりを下にして置き、
 転がしながら焼く

3.焼けたら食べやすい大きさに切る

.「ニンジン入り卵焼き」
材料
人参のすりおろし 大さじ1杯分
卵        1個
砂糖・塩     適量

1.卵を溶いて、砂糖、塩各少々と
 すりおろした人参を加えて混ぜる

2.サラダ油適量を熱した卵焼き器か
 小さめのフライパンで卵焼きを作る

3.巻きすやキッチンペーパーに取って、
 形を整えて切り分ける

.「カレーうずら卵」
材料
うずら卵の水煮 2~3個
カレー粉  小さじ1/4杯
砂糖       適量

1.水大さじ2杯に砂糖少々、
 カレー粉を混ぜて、
 電子レンジ(600W)で、
 ラップをせずに30秒かける

2.温かいうちにウズラ卵を入れ、
 時々混ぜながら5分ほど漬ける

まとめ

いかがだったでしょうか?

幼児は箸が使えるようになったり、
食べられる食材や量が
増えたりと変化が大きいので、

家庭での食事の様子も見ながら、
お弁当も上手に対応し、

お弁当箱のサイズも食べる量に応じて
柔軟に変えてあげてくださいね。

あと、通う園によっては使える食材などに
約束事がある場合もありますので、
きちんと確認してくださいね。

関連記事:弁当の色合いは5色が大切!おかずと栄養のバランスがとれたレシピ


スポンサードリンク

-家事, 料理
-,