行事

新年会の余興で盛り上がるネタや簡単な出し物をご紹介

正月気分もすっかり抜けた仕事始めの頃に
開かれるのが職場や勤め先の仲間が
集って行う新年会ですよね。

この新年会で要求されるのが
余興などの出し物です。

でも、普段は人前に立つことも少ないし
苦手だなあと思われている方や

同僚や職場の仲間を喜ばせたい・楽しませたいと
思っている方もいらっしゃるでしょう。

今回はそんな新年会の余興で悩んでいる方に
盛り上がるネタや出し物についてお伝えします。

スポンサードリンク
  

新年会の余興で盛り上がるネタはこれ! 

実は必ず盛り上がるネタというのは
あなたと職場の方たちとの関係性も重要なので、
まずはそこを整理してから
本番に向けて披露するネタを決めましょう。

職場でのあなたが控えめで
物静かな印象であった場合には

笑いをとったり一発ギャグを言ったりするのは

普段とあまりにも隔たりがあるために

全く受けない可能性が高いです。

その上その後の職場での印象も変わってしまい

居づらくなってしまうことも考えられますので

いくら場を盛り上げるためとはいえ
止めておきましょう。

そんなおとなし目なあなたにお勧めなのが

即興で行う似顔絵描きです。

一見即興で似顔絵を書くなんて難しくて
とてもできないと思われるかもしれませんが
あらかじめ新年会に集まる方たちはわかっているので、
事前に練習しておけば大丈夫です。

そし集まる方の顔のパーツを
簡略化した上でその人の特徴を
大げさにして付け加えれば
きっと盛り上がることでしょう。

この時に本人が気にしている
特徴であった場合には多少抑えめにするとか

全体的に美化してあげると
今後の人間関係も円満に保てます。

絵心が全くなくて苦手だと言う方には
新年会に集まる方にちなんだ

川柳や短歌などを即興という形で
披露するのはどうでしょう?

これも参加する方は判明しているので

事前に作って憶えておき
本番で指名された方に
ちなんだ川柳や短歌を披露し

あたかもその場で作ったかのように
振る舞うと場も盛り上がり

指名された方も喜ばれるでしょう。

ポイントは事前に作っていることが
指摘されてもいいようにどの方が指名されても
それなりの出来になるような
使い回しの利くものを用意しておくことです。

職場で目立っている、あるいは

それなりにみんなとコミュニケーションが

とれている方にお勧めな余興が

ダンス です。

このダンスは難易度が

スポンサードリンク

高ければ高いほどウケも良くなりますので

運動神経や体力に自信のある方でしたら

ぜひ、動きの激しいキレキレのダンスに

挑戦してみてください。

本格的なものが困難でしたら

ジャニーズ事務所のダンスを

キヤッチーな歌と同時に披露するのも良いですよ。

新年会の余興で簡単なものとは?

絵心も文才もなく、運動神経もないという方が

できる最も簡単な余興が

歌やモノマネです。

音痴でない限りは

その時一番流行している歌でも良いですし、

流行遅れの歌でも替え歌にすれば

歌唱力関係なく手軽にウケることができす。

モノマネも、有名人に限らず

会社や職場の同僚が

共通認識している人物のモノマネであれば

内輪ネタということもあって

多少完成度が低くても笑ってもらえるはずです。

年会の余興の出し物で困ったら?

余興や出し物で困った場合には

事前の準備がいらないものや
参加者のみなさんを巻き込んだ

パーティーゲームを急遽おこなうように
持っていくと良いでしょう。

一番簡単なのはその場にあるものを使ってボケる

『ものボケ』 です。

余興を行う順番が来たら

「ものボケしまーす」と宣言して、
その場にあるものでボケてください。

1回ボケたら2回目からは
他の参加者さんを巻き込むようにして、

次々と相手を変えてボケるものを渡していけば

あなたがずっと『ものボケ』を行う必要はなくなります。

パーティーゲームであれば
特に『ものボケ』にこだわる必要もありません。

いきなり「や~きゅう~す~るなら~♪」

野球拳を始めて適当な相手に向けて

「ヨヨイノヨイ♪」と手を出せば

その場の空気のおかげのってくれること間違なしです。

この場合、
負けた相手が脱いでいくとセクハラになるので

負けるたら着衣していくようにしましょう。

脱いでいるコートや上着を着せていけば

場の空気が悪くなることもありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

新年会など人が多く集まる催しは
苦手だと思われる方でも工夫をすれば

普段とは違う自分の一面を見せることができて、

次の日から会社や職場で
一目おかれることになるかもしれませんので

いつもの自分のイメージを変えたいのであれば
是非挑戦してみてくださいね。

スポンサードリンク

-行事
-,