生活 防犯

一人暮らしの女性におすすめの防犯対策やグッズ・装置、物件の選び方

2017/03/21

スポンサードリンク

新生活を控えた女性が行うこといえば
一人暮らしの準備ですね。

初めての経験であれば間取りや
家具の配置インテリアにも
こだわりたいところですが、

それらに心を奪われる前に
最も気をつけなければならないことがあります。

それが防犯対策です。

初めて経験される方は
分からないかもしれませんが、

女性の一人暮らしというのは
様々な犯罪の標的になりやすいので

自分自身でしっかりと
対策を取っておく必要があります。

そこで今回は一人暮らしをする女性に
おすすめの防犯対策とグッズや装置、
物件の選び方についてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

一人暮らしの女性におすすめの防犯対策とは?

女性の防犯対策として重要なことは、
なにより一人で暮らしていることを
外部の不審者に気づかせないことです。

なぜなら犯罪者は
一人暮らしの女性であれば、

金銭であれ性的であれ
容易に目的を成し遂げやすいと
考えているからです。

では、そのために
どのようなことをすればよいのでしょうか?

●外出・帰宅の際に必ず中に向かって挨拶する
犯罪を犯す者というのは
常に目標とする人物を
普段から観察していますから、

無言で外出したり、
帰宅するのを見れば
当然一人暮らししていると
分かってしまいます。

ですから、
それを悟られないよう
いかにも住居の中に自分以外の
誰かが一緒に住んでいると
アピールすることが普段のから大切です。

また、集合住宅では
同じところに住んでいる人からの
被害も考えられますから

同居人の有無についても
話さないようにしましょう。

●郵便物を毎日チェックし、個人情報の取扱いに気をつける

郵便物を見られてしまうと
個人情報の流失に繋がりますので、

そうならないために
鍵がかけられるのであれば

必ず施錠し、
中の郵便物があふれてしまわないように
毎日こまめにチェックするようにしましょう。

また、個人情報が記載されている
郵便物はそのままゴミとして出してしまわず、

名前や住所の記載が判別できないよう
シュレッダーなどで細かく裁断してから破棄してください。


●在宅中でも安心しない

家の中にいるからといって
安心しきってはいけません。

一人暮らしの場合は万が
一不審者に侵入された場合は
密室状態になって逃げ場が
なくなってしまいますので、

ドアチェーンと施錠はもちろんのこと、
見ず知らずの他人が訪ねてきた場合にも

宅配業者や隣人を装った
犯罪者かもしれないので
簡単に扉を開けないでください。

そういう場合はドアスコープや
覗き窓から相手の様子をよく観察し、
用件と身分の確証がえられるまで
チェーンは外さずに応対しましょう。

●洗濯物や窓から見えるものに気をつける

洗濯物を外に干していると
その種類から女性の一人暮らしだ
と気づかれてしまいます。

それを防ぐために男性用の下着を
一緒に干すというのも有効ではありますが、

毎回同じものであると
やはりバレる可能性も高くなります。

その場合はちゃんと
ローテーションを考えて準備するか、
それが難しいのであれば

外干しするのを控えて
室内干しだけにするのも選択肢です。

また、窓から中の様子を
伺うことかできるので
カーテンの開け閉めや

インテリアや小物など
女性のみが暮らしていると
思われるような物は
なるべく近くに置かないでください。

言うまでもなく、
施錠も欠かしてはいけません。

台所やお風呂などの小さな窓も
換気のためとは言え、

開けっ放しにしておくのは
不用心なので換気が済んだら
必ず閉めて施錠してください。

●帰宅の際の注意
オートロックが完備されマンションで
気をつけなければならないのが
不審者と一緒に中に入ってしまうことです。

これを避けるためには見知らぬ人物が
オードロックの前に立っていたら
少し建物から離れて様子を伺ってください。

また、その後問題がないようでしたら
そのままマンションに入ってもよいのですが、

エレベーターに乗る時にも
異性とはなるべく二人きりに
ならないように注意しましょう。

マンション内の住人が
危害を加えてこないとは限りませんので。

次の章ではこれらの防犯に
最適なグッズや装置についてお伝えします。

一人暮らしの女性に最適な防犯グッズや防犯装置

女性の一人暮らしの安全を守るためには
やはり不審者の侵入を防ぐのが一番重要です。
この章ではそのためのグッズや
防犯に役立つ装置をご紹介します。

●補助鍵
備え付けられている鍵だけでは
万が一その鍵が壊れていた場合や
開けられた場合には

容易に不審者に侵入されてしまいますよね?

それを防ぐのが

『補助錠』です。

様々タイプが販売されていますが、
補助錠でロックしておけば

窓を開けた状態でも
外からの侵入が防げますので

換気をしたいお風呂や
台所の窓にも最適です。

価格も1000円以下から購入できますので
可能であれば全ての窓に取り付けておきましょう。

●ツーロックとサムターンカバー
窓には『補助錠』を付けておくことを
推奨しましたが、玄関扉にも

備え付けの鍵とは別の鍵を
付けておくと防犯効果が高まります。

不審者というのはドアを開ける手間や
時間を非常に気にしますので、

通常よりも手間のかかる
ツーロックは極めて効果的です。

同じような理由でドアに穴を
開けてロックを外す
「サムターン回し」を防ぐ

『サムターンカバー』

手軽にできる対策ですので
ツーロックと合わせて付けておきたいですね。

●防犯フィルム
窓からの侵入を防ぐグッズとして
『補助錠』をご紹介しましたが、

窓ガラスを破って侵入されたら
それも無駄になつてしまいます。

それを防ぐのが『防犯フィルム』です。
この防犯フィルムを貼った窓は

ガラスの強度が上がり、
通常よりも割れにくくなります。

ただ、価格も数千円からと
やや高めなので外から見て

侵入されやすい場所を選んで
貼るようにすると良いでしょう。

●防犯アラーム
持ち歩くタイプの防犯アラームというのは
すっかりおなじみになっていますが、

窓や扉に設置するタイプのものも
販売されています。

これが設置された場所が
破られた場合には

大きな音を出すので
破壊に侵入に対して
防止する効果が期待できます。

価格も安価で100円から
購入できますのでおすすめです。

一人暮らしの女性向けの防犯物件の選び方

女性の一人暮らしを考える上で
忘れてはならないのが

物件選びですが、
どこを重視して選べばよいのでしょうか?

●周辺の環境
これは住居そのものに
どれだけ防犯を施しても

住居のある周辺の治安が悪ければ
被害に遭遇する危険性も
当然高くなりますので

最初に注目するポイントです。

そして、最寄りの交通手段から
住居までの帰宅経路が
明るいかどうかも需要です。

例え距離が近くとも
やはり暗いと危険性は増します。

どうしても、
そのような場所を選ぶのであれば
最低限、いざという時に
助けを求めることができる
交番やコンビニが近くにあるところにしましょう。

●住居の外観
部屋を借りる際には間取りに
重点を置おいて決めてしまいがちですが、

防犯を考えるのであれば外
観も重要になってきます。

不特定多数の人の出入りがあるのか?

足場になるようなものはないか?

窓やベランダが死角になっていないか?

郵便受けに外から見える場所か?

これらは安心して暮らすためには
最低限チェックしておきたいポイントなので
必ず確認するようにしてくださいね。

まとめ

犯罪者はターゲットとなる女性を
細かく観察しているので
狙いやすいと思われないよう

自分自身がしっかりと
防犯意識を持っておく必要があります。

そして、自分だけは大丈夫と思ってしまわずに
常日頃から万が一のことを考えて備えておきましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

室内ドア用かんたん在宅ロック【部屋 扉】
価格:1296円(税込、送料別) (2017/3/21時点)

スポンサードリンク

-生活, 防犯
-,