イベント 行事

血糊の作り方で口に入れても安全&洗濯で落ちる物は?片栗粉やケチャップ、絵の具でOK

秋になり吹く風に涼しさを感じるようになると
ハロウィンのシーズンが始まります。

ハロウィンでは色々な衣装やメイクで
仮装を楽しむ方も多くいらっしゃいますが、

その中でもより周りを脅かせたり、
ビックリさせたりして

頭一つ出た注目を受けたいですよね?

それに欠かせないのが
傷メイクなどのホラーな演出ですが、

傷メイクの材料は身近なもので
用意できても、本格的な血糊は
場所によってなかなか入手しにくかったりします。

そこで今回は身近な材料である
片栗粉やケチャップ、絵の具を使った
血糊の簡単な作り方を

口に入っても安全な物と、
洗濯で落ちるものに分けて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

血糊の作り方で口入れても安全な物は?片栗粉とケチャップでOK

血糊は身体に作る傷メイクだけではなく、
より注目されるように顔の傷メイクに使用したりなど
口元に着けることが想定されますよね。

そうなるといくら演出のためとは言え、
なるべくなら身体に有害なものは
使用したくないのが正直なところです。

また、お子様のいるご家庭では
子供の顔にも傷メイクや血糊を
使用することがあるかもしれません。

そんな場合でも普段から
口にしているもので作られていれば
安心してお子様にも使用できますね。

では、本題の作り方ですが
材料は 

●片栗粉 3グラム

●水 30cc(30グラム)

●ケチャップ 5グラム~15グラム

●レギュラーコーヒー 2グラム~6グラム

以上です。

1.鍋に水30グラムと片栗粉3グラムを入れ弱火で加熱します。

2.とろみがついてきたら焦げる前に火を止めて、
 鍋の底を水に浸けて冷やしましょう。

3.十分に冷えたらケチャップを加えてよく混ぜてください。

4.これだけでも血糊っぽくなるのですが、
 ケチャップだけだと赤味が強すぎて
 いかにもケチャップで作りましたという
 感じが出すぎるので、レギュラーコーヒーを加えて
 独特のどす黒い血に見えるよう調節してください。
 
納得のいく感じに仕上がったら出来上がりてす。

ポイントとしては、
ケチャップを加熱前に入れたり
よく冷える前に混ぜないことです。

なぜなら、ケチャップは水分と混ぜて
加熱するとオレンジ色に変化する特性があるため
血糊としては使えないものになるからです。

では、なぜケチャップをそのまま
血糊として使用しないかというと、
粘度が血と全然違っていてドロりとしているため
水溶き片栗粉で調整する必要があるというわけです。

注意する点としては、水溶き片栗粉は
冷えると粘度が強くなることです。
ただ、ケチャップを加えていくと
そのしだいに粘度もゆるくなっていくので
粘度と色味のバランスを見て
ちょうどよい具合に調整してください。

スポンサードリンク

もう一つケチャップを使った
簡単な血糊の作り方は、
チョコレートを使用した方法です。

分量は板チョコ1/2程度と
ケチャップ 適量です。

作り方はいたって簡単で、
チョコレートを湯煎で溶かし、
そこにケチャップを加えるだけでOKです。

こちらは水溶き片栗粉と違い、
冷えるとチョコレートが固まってしまうため、
冷えて固まる前にケチャップを加えます。

ただ、チョコレートと混ざるため
オレンジ色にはなりにくく、

うっすら赤みがかった茶色といった
色合いに仕上がります。

こちらは冷えると固まるため、
血のしたたりよりも擦過傷などの広い範囲の
擦り傷などを演出するのに適しています。

どちらも食べ物だけで作られていますので、
味はともかく食べても全く問題がありません。

ですので、小さなお子さんが居るご家庭で
傷メイクを行う際には是非お試しください。

血糊の作り方で洗濯で落ちる物は?絵の具でOK

血糊で気になるのが衣服に付着した場合、
洗濯で落ちるのかどうかですよね?

そこでおすすめなのが
水糊と赤と黒の水彩絵の具で作る血糊です。

水糊は文房具店やコンビニなどの
文房具売場で販売されている
事務用のもので大丈夫です。

絵の具はどこのメーカーのものでも
良いのですが、必ず水彩のものを
使用してください。

そうでないと洗濯しても
落ちない恐れがあります。

分量はどちらも調整するため
適量あればOKです。

1.まずは、水糊のフタを外して皿などに適量入れます。

2.そこに赤色の絵の具を色の具合を見ながら加えます。

3.赤の絵の具だけだと生々しさが出ないので、
 黒の絵の具を少しずつ様子をみて加えます。

 黒色は強く出る傾向がありますので
 くれぐれも慎重に加えてくださいね。

4.ちょうどよい具合にできれば完成です。

この血糊の良いところは
水糊でできているため、
しばらくして乾くと衣服などに
付着する恐れもありませんし、

たとえ乾く前に付着したとしても、
洗濯すればすぐに落ちることです。

また、水洗いや水拭きできないところに
付着しても水糊なので乾けば擦るだけで
剥がれてくれるので、後始末も簡単できます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

血糊を自分で作るのは難しそうだと
思われていた方も多いかもしれませんが、
案外簡単に本格的なものができることが
お分かりいただけたのではないでしょうか?

水溶き片栗粉の場合と水糊の場合のどちらも
手軽に手に入る上に、
容易に作ることができますので
目的に合わせて使い分けてみてくださいね。

スポンサードリンク

-イベント, 行事
-,