イベント

クリスマス心理の男性と女性の違い 誘うか誘われるかどっち?

いよいよ12月の一大イベントである
クリスマスが迫っていますが、
みなさんのクリスマスの予定は
どうなっていますでしょうか?

家族がいる方はご家族と
お付き合いしている人がいる方は
その方と楽しまれるご予定が
入っているんでしょうね。

ですが、もしあなたが
この上記のどちらにも属さず
でも、一人で過ごしたいくないと
思っていられるなら
今回の記事は必見です!

スポンサードリンク
  

クリスマスの心理 男性の本当の気持ち

あなたが女性であるならば
クリスマスを一緒に過ごすためには
彼氏を作らなければなりませんが

あなたはどれほど男性の心理をご存知でしょうか?

一般的に女性は記念日や
イベントを重視するの比べて
男性は女性ほどそれに対する意識は
高くありません。

もちろん中には女性以上に
重視するマメな男性もいたりはしますが、

どちらかというと
男性はイベントや記念日などの外的な要因よりも
特定の関係性の方を重視する傾向にあります。

つまり、
クリスマスだから積極的に
彼女を作ろうと思うのではなく

好きな彼女と楽しく過ごすために
クリスマスは一緒にいよう
という動機の方が強いのです。

ですから、
女性であるあなたが
クリスマスに男性と
一緒にすごしたいのであれば
男性以上に積極的になる必要があります。

積極的になるといっても
自分から告白したりするのは
苦手な方も多いと思いますので、

比較的に抵抗なく行える方法をお伝えします。

それは

とにかくキッカケをつくる

ことです。

キッカケの作り方は
どんな方法でもかまいません。

例えばあなたに
気になる男性がいたとしたら

それとなく視線を合わせるようにしたり、

できるだけその人と
同じ空間にいるようにします。

そして、その人が他の人と
話していて会話に参加できそうであれば
なるべく加わるようにしましょう。

いったん話の輪に入ることさえできれば
相手の話を一方的に聞くだけでも大丈夫です。

そうやってあなたと
相手の距離を縮めることだけに
集中しましょう。

距離さえ縮まれば相手も
アプローチしやすくなりますし、

相手のアプローチがなければ、
クリスマスの予定を
それとなく相手の男性に探りをいれます。

それでもし、
予定がないようであれば
食事や映画などに

「一緒に行かない?」 と

思い切って誘いましょう。

相手があなたのことを
少しでも意識しているのなら
喜んで応じてくれますし

そうでない場合でも
特定の彼女がおらず、

二人の距離が充分に縮まっていれば
気軽に乗ってくれるはずです。

イベントや記念日を
重視しない男性とはいっても、

恋愛につながるチャンスがあるのなら
わざわざそれを拒否したりはしません。

男性からの告白や
お誘いを待つのも良いですが、

それではいつになるか分かりませんし、
到底クリスマスまでなど望みが薄いです。

あなたが気になる男性には
当然、他の方も思いを寄せるわけで

そういう意味では早い者勝ちです。

誘わなければよかったという後悔よりも
誘っておけばよかったと後悔の方が大きいのです。

絶対に今年のクリスマスこそは
一緒に過ごす彼氏を作りたいと
願うのであれば
ぜひ、頑張ってみてください。

スポンサードリンク

クリスマスの心理 女性の隠された本音

あなたが男性である場合は
クリスマス前の女性の心理を
よく熟知しておくと、

女性が男性と付き合うよりも
男性が女性と付き合う方が
実際そのハードルは低くなります。

それは、

クリスマス前は女の子の方が
付き合う相手を必死に探している

からです。

なぜかというと、
一般的に女性は男性よりも
社交的な生き物で

男性が周囲の関係に
環境に鈍感なのに対し
女性はものすごく敏感です。

そのため、
女性は友達や周りの人が
クリスマスを彼氏と過ごすと聞くと

自分もそれに乗り遅れまいとして
懸命に相手を探してしまうのです。

つまり、男性にとって、
クリスマス前に彼氏のいない女性は
非常に付き合いやすいといえます。

もちろん、女性的には

「クリスマス前だから試しにちょっと付き合ってみようかなあ」

という程度の心理なので、
男性もあくまでキープされているという
意識は忘れないようにしましょう。

ですから、何の当てもなく
ただ待っていても
誰も告白してくれません。

彼女のいない男性に共通することは
とにかく奥手ということに尽きるので

女性のガードが
下がっているこの時期こそ
自ら積極的に告白するべきです。

むしろ、
彼女ができる絶好のタイミングは
クリスマス前の今しかないという強い思いが必要です。

あなたに気になる女性がいるなら尚更そうで、

別に告白する相手があなたでなくても
条件においては同じなわけですから

やはり、早い者勝ちの弱肉強食です。

ですからこの時期に意識する女性に
彼氏がいないのであれば
ぜひ、告白してください。

告白しなければよかったと悔やむよりも
告白しておけばよかったと悔やむほうが辛いものです。

たとえ、そこでフラれたとしても
今後付き合える可能性が
全くなくなったわけではないので

引きずらずに素直に受け止めましょう。
なんたってチャンスは毎年やってきますから。

クリスマスの心理 誘うほうがいい?誘われたほうがいい?

今まで男性・女性
両方の心理をお伝えしましたが、

あなたがどちらの性別であるにせよ

付き合っている方がいないのであれば
積極的に誘うほうが正解です。

クリスマスを一緒に過ごす相手が
ほしいという思いは

男性女性にかかわらず
共通のものであるわけですから

あなたに意中の相手がいた場合、
先を越されてしまっては
元も子もありません。

もしかしたら、
相手があなたとは違う
別の人を誘ってしまうことだって
十分ありえます。

その場合は、
自分の誘いが断られるよりも
後悔することになるので

そうならないためにも、
いち早く自分の存在を相手に意識させて

距離を縮めることに成功したら
必ず誘うようにしてくださいね。

まとめ

今年こそはと、
毎年のように思っても
いつも残念な気持ちで
クリスマスを一人で過ごすことに
なってしまっている方も
少なくないかもしれませんが

それでも今度こそは!
と強く願うのであれば
ぜひ今回の記事を
ご参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

-イベント
-,