イベント 行事

ハロウィンの牙は100均のネイルチップで手作りすれば安い!?付け方は?

スポンサードリンク

ハロウィンといえば仮装や扮装と同時に
フェイスメイクや傷メイクなど
顔に特殊メイクをほどこす方も
少なくないですよね!

最近ではバラエティショップや
大手100円ショップでも簡単に
手に入れることも可能ですが、

お住いの近くにそのようなお店がなかったり、
あったとしても売り切れていたり、

または買ったはいいけど
サイズ的に全然合わなかったりなど
なかなか思うようにいかなかったりしませんか?

そういう場合は自分で手作りするのが良いですよ!

今回はそんなハロウィン用の牙を
手作りするための方法と付け方を
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

ハロウィンの牙は100均のネイルチップで手作りすれば安い!?

では、具体的にどのようにして
手作りするのか順番にご紹介します。

まずは材料から

●ネイルチップ

●白系またはベージュのマニキュア

●ピンセット

●爪切り

●爪やすり(金属製)

いずれもどこの100円ショップで取り扱っているものですし、
ネイルチップ以外はすでにご家庭にあるもので大丈夫で
新しく買い直す必要はありません。

それでは作り方です。

1.自分の目的の歯に合うネイルチップを選びます。
 ネイルチップのサイズや曲面によっては
 作ったは良いけどいざ付ける段階で

 全然思っていた感じにはならなくて
 再び作り直さなくてはいけなくなってしまいます。
 
 そうなると二度手間ですので、
 完成時を思い浮かべながら
 しっかりと自分の歯に合うものを選んでください。

 扮装にもよりますが、一般的には
 犬歯や八重歯に合わせるとよいでしょう。

2.選んだら、ネイルチップに
 マニキュアで色を塗ります。

 この時に不自然にならないよう、 
 なるべく自分の歯の色にあった
 白かベージュのものを塗るようにします。

 ピンセットで摘んで作業すると
 手も汚れずにムラなく綺麗に塗れますよ。

3.マニュキュアが乾いたら爪切りで
 目的の形にカットします。

 着色したネイルチップの
 薄い方を上、平たい方が
 牙の下側になるようにすると

 完成品を歯に付けた時に 
 自然な感じに仕上がります。

 この作業が牙を手作りする上でのキモであり
 一番手間がかかるところではありますが
 失敗したり、作り直さなくて済むよう

 作りかけを歯に当てながら、
 何度も鏡で確認しながらカットしてください。

 ネイルチップは割れやすいので
 注意しながら丁寧に行ってくださいね。

4.思い通りの形にカットできたら
 爪やすりで成型します。

 爪切りでカットしたままだと
 切り口のエッジが立っていますので
 いかにも作り物感が出てしまいますし、

 唇に触れてケガをする恐れもなくはないので
 それらしく見えるよう、
 牙のエッジを取っていきます。
 
エッジが綺麗に取れて
思い通りに成型できれば完成です。

目的によっては完成した牙に
血が滴って見えるよう、

赤いマニキュアなどで
適度に彩色をほどこすのもよいですよ。

ハロウィンの牙の付け方は?

牙は完成しましたが、
これをどのようにして
歯に装着すればよいのか

疑問に思われたかもしれませんので
ご説明いたします。

最適なのが入れ歯安定剤です。

中でも一番オススメなのが
新ポリグリップのクリームタイプです。

これを先程ご作製した牙の内側に
5ミリ程度押し出してつけましょう。

あまり多く付けると、
ずっとポリグリップの味がして
気になるので程々にしてくださいね。

もし、心配であれば無添加のものを
購入されるとより

味や臭いが少なくなりますので
そちらを選ぶようにしてください。

付け方のコツは、歯に付ける直前に
歯の表面をティッシュで拭いておきましょう。

くっつけたら10秒程度押さえておくと安定します。

基本は吸血鬼のような
犬歯につける牙だと思いますが、

狼男のように前歯全部を
尖らせた牙にしてみても面白いかもしれませんね。

以下の動画も参考になりますよ!

まとめ

いかがだったでしょうか?

お伝えした作り方をしても
材料全部を100円ショップで購入すると
500円で済みますし、

歯に装着するための新ポリグリップも
20グラム入りであれば
350円程度で購入でき、
総額で1000円もかかりませんの
気合を入れた仮装がしたい方は一度挑戦してみては?

関連記事:血糊の使い方 ハロウィンやコスプレで顔と服にどうつければいい?

スポンサードリンク

-イベント, 行事
-,