健康 生活

オフィスの暖房の温度設定は何度が適温?適正温度の設定と室温は?

冬になって社内の温度が下がり始めると、
空調やエアコンが暖房に切り替わりますが、

この暖房の温度設定って何度ぐらいが
適温かご存知でしょうか?

そこで今回はオフィスの
暖房の適正な設定温度と

その設定した温度を保つ方法について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

オフィスの暖房の温度設定は何度が適温?

オフィスに限らず、夏場の設定温度については
政府や電力会社の呼びかけもあり、

28度が目安だとご存じの方も多いと思いますが、

冬場の設定温度については、
案外みなさんご存じないですよね?

実は、この設定温度は日本工業規格である
JIS規格の能力表示をする時の設定温度からきていて、

冷房の場合は、室外の温度が35度、
室内の温度を27度に設定した時の能力として
表示することを定められています。

この27度という温度に節電のための
1度上げた28度を目安として推奨しています。

この法則を暖房に当てはめた場合の
JIS規格はどうなっているかというと、

室外の温度が7度の場合に、
室内温度を20度にした時の
能力ということになっています。

ですので、ここから
節電のための1度を下げて
19度推奨ということになるのですが、

暖房能力は冷房能力よりも
さらに室外温度で差が出てしまうため、

節電の目安である約10%の電気代が
必ずしも減らせるわけではないので、
広く広報されていないというわけです。

では、いったい何度が適温かというと
環境省ではあくまで目安ですが、

やはり20度を推奨しています。

ただし、これも省エネや環境を
考慮した場合の温度なので

場所や地域によっては
寒いかもしれません。

また、空調やエアコンの
設定温度というのは、

あくまでそうなるように
調整するというだけなので

オフィス全体の温度を隅々まで
20度に維持できるかというと
なかなかそういうわけにもいきません。

じゃあ、オフィス内の温度を適温に保つには
どうすればよいのでしょうか?

スポンサードリンク

オフィスの暖房を適正温度に設定して室温を保つには?

オフィス内の暖房を
20度に設定していても
寒い場合にはどうすればよいのかというと、

ここで設定温度自体を上げるというのも
選択肢ではありますが、

そうすると今度は逆に
暑くなってしまう場所が出てきます。

ですので、まずは空調や
エアコンから送られてくる暖気を
効率よく循環させることを心がけましょう。

その方法として効果的なのが
扇風機やサーキュレーターを使用
して

空調やエアコンから送られてくる
暖かい空気を循環させることです。

これはどういうことかというと、

空調やエアコンに限らず
暖かい空気というのは
空間の上部に溜まる特性がありますので、

その上に溜まった暖かい空気を
扇風機やサーキュレーターで

下から風を送ることによって循環し
暖かい空気が室内にまんべんなく
行き渡らせることができます。

こうすることで無駄に設定温度を上げたり、
極端に暑くなる場所が出てくるのも
防げるというわけなんですね。

他にも、設定温度より
寒く感じてしまう理由としては、

送られてくる暖気を
逃していることも考えられます。

そのため暖気が逃げるのを防ぐ必要があり、
暖気の逃げ道として最も大きいのが窓で

全体の実に約48%にのぼると言われています。

したがって、窓から暖気が逃げていくのを
防ぐためには隙間をなくしたり、
厚めのカーテンで保温してください。

お勧めなのが窓に貼り付けるタイプの断熱フィルムです。

これであれば透明性も高く、
両面テープなどで手軽に

貼り付けることもできますし、
費用も安く抑えることが出来ますよ!

まとめ

いかがだったでしょうか?

会社のオフィスだとなかなか空調や
エアコンの温度の設定を変更することは
難しいかもしれませんが、

もし、設定された温度以上に寒い場合や
逆に暑すぎる場合には、

お伝えしたように暖気が室内の上部に溜まっていたり、
どこかから逃げているかもしれませんので

いろいろと原因を探って
お伝えした方法を試してみてくださいね。

関連記事:さつまいもの石焼き芋はなぜ甘い?自宅のグリルやオーブンでの作り方と手作りの方法



スポンサードリンク

-健康, 生活
-,