生活

関節が鳴るのはなぜ、その原因は?鳴るのが危険な理由とは?

スポンサードリンク

疲れてくると手や指の関節を
ポキポキと鳴らすことで

一時的にスッキリした気分に
なっている方や、鳴らすのが
癖になっている方っていますよね?

そこで今回はなぜ
関節が鳴るのかその原因と、

鳴らすことによる危険性について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

関節が鳴るのはなぜ、その原因は?

関節が鳴る原因について、
これまで靭帯が急に伸びる音や
骨がきしむ音など諸説ありましたが、

カナダの研究者が
磁気共鳴画像(MRI)を使って
調べた結果を2015年に
科学雑誌で発表しました。

それによると、指を引っ張ると
関節の中を満たす関節液に空洞ができ、
その瞬間に音がなるというものです。

そこで気になるのが、
手や指の関節を鳴らしても
良いのかどうかですが、

関節を鳴らすのをやめるよう
母親に注意された米国人の男性が、

左手だけ50年鳴らし続けた結果、
右手と変わらず関節炎も
起きなかったということで、

ユーモアのある研究に贈られる
「イグ・ノーベル賞」を受賞していますので、
手については特に悪くはなさそうです。

関節が鳴ると危険な理由は?

手の関節については音を鳴らしても
特に問題はないようですが、
首や腰についてはどうしょうか?

体を急に動かした拍子になる場合は、
指と同じように関節が伸びて
鳴っていると考えられますが、

手や指と違って首や腰には
大事な神経が通っています。

特に首は弱く、関節ほ鳴らすような
急激な動きを頻繁に繰り返すと

神経を傷める可能性もあるので
控えたほうが良いでしょう。

施術の中には首の関節を
コキッと鳴らすようなものもありますが、

首を急に回したり、
伸ばしたりする行為は

危険だとして厚生労働省が
禁じる通知を出している
ので

そのような施術をするところは
避けたほうが無難でしょう。

素人的には音を鳴らすと
コリが取れたように錯覚したり、
爽快感を感じるかもしれませんが、

筋肉の緊張が緩むわけではありませんので、
筋肉をほぐしたいのであれば、
マッサージの方が効果的です。

では、肩や膝の音はどうでしょう?

これは音が鳴る時に
痛みがあるかないかで違ってきます。

肩の場合、スムーズに回らずに
何か引っかかるような感じと

痛みがある場合は、
腱板という肩の筋が
切れているせいかもしれません。

膝の音も痛みが伴う時は、
骨の間でクッションの役割を果たしている

軟骨の半月板が傷ついていることがありますので、
痛みがある場合は病院を受診してくださいね。

●関節の音に伴う注意点
・首の神経を傷める恐れ
 肩・膝に痛みを感じる場合は、

 腱板断裂や半月板損傷を起こしている
 恐れがあるので病院を受信する。

まとめ

いかがだったでしょうか?

疲れて体の末端や節々がだるくなると、
関節を鳴らしてスッキリすることで

その疲れを解消した気に
なっているかもしれませんが、

あまりやりすぎると痛みや
体の異常にも繋がりますので、

くれぐれもやり過ぎないよう
気を付けてくださいね。

関連記事:汗の臭いや量には個人差がある?その物質のドロドロとサラサラの違いは?



スポンサードリンク

-生活
-