健康 生活

乾癬の治し方にはオテズラ効果的?オテズラの特徴や副作用は?

スポンサードリンク

皮膚にかさぶたのような
発疹が広がる病気である乾癬。

その乾癬の新しい飲み薬が
2017年に約25年ぶりに登場しました。

そこで今回は、従来の飲み薬と違って
重い副作用が少ないこの治療薬
「オテズラ」と乾癬について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

乾癬の治し方やオテズラの効果は?

まず、乾癬にはどのような
症状があるのかというと、

厚く硬い発疹が頭や肘、
脚などにひろがり、
ぼろぼろとはがれるのが特徴で、

かゆみを伴ったり、
爪が変形したりする場合もあります。

原因としては元々のなりやすい体質に、
肥満や糖尿病、ストレスや風邪といった

要因が重なって発病すると考えられ、
患者は全国で約40万人いるとされています。

病気自体は、
他人に感染することはありませんが、

患者にとっては、
見た目の問題から生じる
生活上の苦労は深刻です。

例えば、症状を見られないようにと
外出を避ける、落ちた皮膚が目立つため

黒っぽい服を着られない、
などの問題があります。

皮膚は表面で新しい細胞作られ、
通常は約1ヶ月のサイクルで
古い細胞と入れ替わるのですが、

乾癬を発病すると、
免疫細胞の異常で炎症が起こり、

新しい細胞が過剰に増殖するため、
そのサイクルは4~5日に短縮します。

その結果、細胞が重なって
ふくらんで発疹となり、
古い細胞ははがれ落ちます。

このように発症した場合、
どのように治すのかというと、

治療は薬が中心になります。

症状の範囲が部分的なら
炎症を抑えるステロイドなどの塗り薬を使い、

範囲が広がってくると飲み薬や、
生物が合成するたんぱく質をもとに作られた
生物学的な製剤を使用します。

この製剤は、飲み薬では症状が治まらない
重症患者に注射や点滴で投薬するのですが、

炎症物質にくっついて炎症を強力に抑えますが、
作用が強い分、感染症にかかりやすくなります。

B型肝炎や結核にかかると
再発の恐れがある
など

いくつか課題があり、問題が起きた際に
対応できる病院で主に使います。

その中で注目を集めているのが
2017年に発売された「オテズラ」です。

乾癬に効果的なオテズラの特徴や副作用は?

オズテラは免疫細胞に取り込まれて、
炎症の原因となる物質の放出を抑え、
全身に作用します。

人によっては下痢や
吐き気がありますが、
重い副作用は起きにくいとされ、

効き方は穏やかですが、
身近な開業医に通って
治療できるのが大きなメリットです。

このように重い副作用が少ないとされる
オズテラですが、油断は禁物です。

新薬は思わぬ副作用が
起きることもあり、

臓器への影響を調べる検査は
時々受けるようにしましょう。

●主な薬による治療法
薬の種類:ステロイド(塗り薬) 
特徴:基本的な治療で即効性がある
課題:広い範囲に塗るのが大変

薬の種類:免疫抑制薬(飲み薬) 
特徴:効き目が比較的強い
課題:血圧上昇や腎機能低下の副作用がある

薬の種類:生物学的製剤(注射や点滴) 
特徴:炎症物質の働きを抑え、効き目が強い
課題:感染症にかかりやすくなる。価格が高い。

薬の種類:オズテラ(飲み薬) 
特徴:重い副作用が起きにくい
課題:効き目が緩やか

乾癬を悪化させないため
普段の生活では、

喫煙や過度の飲酒は避け、
低カロリーで魚や野菜中心の食事を
取るのが望ましいです。

また、ストレスは症状悪化に繋がるため、
趣味やスポーツで気分転換することも大切です。

●日常生活での留意点
・喫煙や過度の飲酒は避ける
・食事は魚や野菜中心が望ましい
・ストレスを溜め込まない
・ほどよく日光にあたる
・入浴中に肌を強くこすらない
・保湿剤をこまめに塗る

まとめ

いかがだったでしょうか?

乾癬を避けるためには
保湿剤を塗ることも大切ですし、

入浴時には皮膚を刺激しないよう
強くこすらず、石鹸を泡立てて
軽く洗うようにしましょう。

また、お風呂は熱いとかゆみが増しますので
40度以下のぬるま湯を心がけてくださいね。

関連記事:肌のかゆみはなぜ起きる?その原因と乾燥を防止するには?


スポンサードリンク

-健康, 生活
-,