ショッピング

ブレザーの幅広い着こなし方は?ポイントはメタルボタン?

スポンサードリンク

トラッドな装いの代表格である、
ブレザーが再び注目を集めています。

そこで今回は、普段着から
ビジネスシーンまで、幅広い着こなし方と

そのポイントとなるメタルボタンについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

ブレザーの幅広い着こなし方は?

1990年年代に流行した
ストリートファッション「渋カジ」以来、

久しぶりにブレザーが注目されていますが、

語源は、イギリスケンブリッジ大学の
ボード部員が着用した

炎(ブレーズ)のような
赤色の上着に由来するというものや、

イギリス海軍軍艦の
ブレザー号の乗務員の紺の上着に
由来するというものなど諸説あり、

スポーツやミリタリー(軍隊)の
要素を備えたアイテムです。

今の中高年の世代なら、
ボタンダウンシャツと

レジメンタルストライプのネクタイを
合わせたようなトラッドな着こなしを
思い浮かべることでしょう。

最近は細身のものをはじめ、
様々なシルエットが登場してしています。

様式美が確立されたアイテムだからこそ、
自由な着こなしを楽しんでみましょう。

例えば、休日向けに
カジュアルに着こなすには、

紺のブレザー(紺ブレ)は、
ウエストにかけて少し絞った
シルエットが特徴です。

スタイルがよく、モダンな印象になります。

丸首のセーターと軽やかな
シアサッカー素材の茶色のパンツを合わせて、
足元はローファーを履くのも面白いですね。

トラッドなスタイルだけではなく、
少しラフな装いにも合わせられるのは
ブレザーならではです。

リゾート地などでは、
Tシャツやポロシャツに
ショーツ(丈の短いズボン)
といった、
よりくだけた装いにも合わせられます。

逆に、もう少しかっちりとした
雰囲気を出すのなら、

ニットのポロシャツや
チェックのボタンダウンシャツも合います。

ビジネスシーンでは、紺ブレに同色、
同室の生地のパンツを合わせて、

スーツのように着てみてはどうでしょう。

紺ブレには、グレーのスラックスを
合わせがちですが、

あえてブレザーとパンツの色や
素材に統一感をもたせることで、

ひねりの利いたおしゃれが楽しめます。

ブレザーの着こなし方はメタルボタンがポイント?

ブレザーは、金や銀色などの
メタルボタンも特徴です。

その色や加工にも
注目したいところで、

ボタン一つで服の表情が
ずいぶん変わります。

例えば、主流の金色は華やいだイメージ
装いのアクセントにもなり、

過度に光らない金ボタンは、
大人の男性にとって取り入れやすいですね。

少し落ち着いた印象にしたければ、

生地の色になじみやすい
銀色のボタンもおすすめです。

ブランドの刻印が施してあったり、
アンティーク調に加工してあったりもします。

シングルか、ダブルかによっても
印象が変わるので、

試着をして全体の印象を
見るようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ブレザーは定番のもので、
セレクトショップをのぞくと
必ず置いてあるものですよね。

年齢や流行を超えて楽しめ、
状況を選ばす着用できるで

今回の記事を参考に、
お気に入りの一着を着こなしてくださいね。

関連記事:残暑の服装選びのポイントは?オータムファッションのコーデ、メンズ



スポンサードリンク

-ショッピング
-