ショッピング

残暑の服装選びのポイントは?オータムファッションのコーデ、メンズ

スポンサードリンク

夏も終わりすっかり秋めいてきましたが

まだまだ日差しや暑さが強い日があったり、
かと思えば肌寒い日があったりと、

服装やコーディネイトで
悩んでいないでしょうか?

そこで今回は残暑の服装選びのポイントと、
オータムファッションのコーデについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

残暑の服装選びのポイントは?

残暑にどのような服装を
選ぶポイントとして
どこに注目すれば良いのかというと、

やはり色です。

例えば、夏にあわせた
Tシャツやハーフパンツのコーデでも
色を秋色にすることで
かなりイメージが変わります。

具体的には、夏ではホワイトや
ブルーを基本に組み立てていたコーデを

秋らしく合うようブラックや
グレーなどダークカラーに変え、

トップスもネイピーやブラウンなど
比較的濃いものにする

よりオシャレ感がでます。

あえて、ホワイトをコーデに組み込む場合には、

白のパンツに対してグレー・ネイビーや
モカチャのジャケットを羽織るだけで
秋っぽさを演出できます。

暑さが気になる日には、
ハーフパンツとTシャツという

夏の定番のコーデに1枚足すだけでも
夏っぽさを取り除くことができます。

オススメなのがモカチャと
ブラックのテーラージャケットです。

逆に、肌寒さを感じる日には
グレーやモスグリーンの

サマーニットやガーディガンを合わせると
コーデだけではなく屋内の冷房対策にもなりますよ。

残暑やオータムファッションのコーデ、メンズ編

先程までは残暑に合わせた
基本的なコーデをお伝えしてきましたが、

ここからはより具体的な
メンズのコーデについてお伝えします。

秋のコーデは大きく分けると、
アウター+トップス+ボトム+シューズ

4点で構成され、

この中のどれか1点を工夫するだけでも
秋っぽいコーデにすることができます。

例えば、ボトムに
デニムパンツを選んだ場合には

テーラージャケットを合わせたり、

スキニーパンツを選んだ場合には
無地や鹿の子素材のカーディガンを
羽織ったりすると清潔感もでます。

テーラージャケットは
大人な印象を与えるアイテムなので、

カットソーがカジュアルであっても
それだけでサマになり、
大人な雰囲気を演出してくれます。

また、無地のカーディガンも
テーラージャケットと同様に

トップスがたとえボーダーの
Tシャツであっても、

爽やかで大人な印象を
女性に与えることができますよ。

カジュアルなコーディネイトがお好みであれば、

スウェットのアウターに
カットソーにしてもボトムをスキニーパンツや
革靴を黒にすることで秋っぽさが出てきます。

パーカーの場合でも、
ステンカラーコートを
アウターにすることでずいぶんと印象が変わります。

ステンカラーパーカーは
ジャケットの上からでも羽織ることもあるので

若干フォーマルな感じにもなりますが、
トップスにパーカーを着ることで
それが程よく緩和され周りとは少し違った
オシャレをアピールできます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

夏や冬と比べて気温も変化しやすく、

また、春と違って落ち着いた雰囲気を
求められるコーデというのは
難しく思われるかもしれませんが、

カジュアルとフォーマルを
バランス良く取り入れることで、
いつもよりも大人な格好良さを演出できますよ!

関連記事:夏の冷房対策は男性だって必要!?上着やコーディネートと着こなし方

スポンサードリンク

-ショッピング
-