健康

膀胱がんはなぜ起きるどんな病気で治すにはどうする?

スポンサードリンク

膀胱がんは、男性の患者が多く、
喫煙との関係が強いがんのひとつです。

近年、体への負担が少ない
治療法が増えていますが、

進行すると膀胱すべての
抽出する必要があります。

そこで今回は、
なぜ起きてどんな病気なのか、

また、どう治すのかについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

膀胱癌はなぜ起きる、どんな病気?

膀胱には腎臓で作られた尿を一時的にためたり、
排出したりする機能があり、
膀胱がんは年間2万人が発症しています。

様々な遺伝子の変異が
原因とされますが、他のがんに比べて
詳しいメカニズムは分かっていません。

ただ、患者は男性が女性の2~3倍多く、
さらに喫煙者は非喫煙者より
2~3倍発症しやすい
ことが知られています。

喫煙については、たばこに含まれる
発がん性の物質が尿として排出される前に、
膀胱内にとどまることが原因と考えられています。

膀胱がんを発症すると、
尿に血液が混ざる血尿が出やすくなります
が、
多くは痛みを伴いません。

一方で血尿がなくても、
排尿時にツンとした痛みを感じたら
注意が必要です。

膀胱炎の可能性もありますが、
なかなか治らない場合は、
がんの可能性も疑われます。

膀胱がんを治すにはどうすればいい?

では、膀胱がんになってしまった場合、
とのように治すのでしょう?

進行の度合いを示す病期(ステージ)は、
がんが膀胱の粘膜にとどまっていれば
0期か1期、膀胱の壁の外側まで広がり、

隣の骨盤やリンパ節、
他の臓器に転移していると
最も思い4期となります。

早期に発見できれば、
尿道から内視鏡を挿入し、
がんを電気メスで切除する手術

「経尿道的膀胱腫瘍切除術」が行われます。
体への負担が少ないのが利点です。

ただし、膀胱内で再発することも多いため、
尿道から細い管を入れ、

結核予防ワクチンのBCGを注入する治療を
予防目的で行うことがあります。

BCGが膀胱内の免疫力を高め、
がんを排除するとされます。

一方、粘膜の奥まで
がんが入り込んでいる場合は、

膀胱を全て摘出する手術が検討されています。

従来はおへその下を
大きく切る必要がありましたが、

最近は、腹腔鏡を用いて体に小さな穴を
開けるだけで手術できるようになりました。

4期の患者は抗がん剤が
治療の基本になります。

2017年からは「キイトルーダ」※が
保険で使えるようになりました。

がんを攻撃する免疫細胞を
活性化させる新しいタイプの薬で、
治療の選択肢が広がりました。

膀胱を全て摘出すると、
尿の行き場がなくなるので、

腎臓からつながる尿管を体の外に出し、
尿を貯めるお腹に付けるなどの
処置が必要になめため、
生活の質が低下しています。

血尿などのサインを見逃さず、
たばこを吸う人は禁煙に取り組んで
予防に務めることが何より大切です。

「オプジーボ」と同じく、
年間で1400万円かかるといわれる
がんの治療薬です。

●膀胱がんの生存率
   5年   10年
1期 86.5%  73.6%
2期 72.7%  74.7%
3期 55.4%  33.3%
4期 17.0%  16.5%

まとめ

いかがだったでしょうか?

膀胱がんの前兆となる血尿は一度出たきり、
しばらく泊まってしまうことが多いため、

そのまま放置してがんが
進行してしまう人もあり、

がん以外にも尿路結石などの
病気の可能性ももあるので、

血尿を確認したらすぐに
泌尿器科を受診しましょう。

関連記事:医療費控除とセルフメディケーションの違いとは?どちらが有利?



スポンサードリンク

-健康