保険

若い世代や若者でも受け取れる年金がある?

スポンサードリンク

年金といえば、老後に受け取るものと
思い込んでいるかもしれませんが、

実は若い世代でも受け取ることが
できるものがあるというをご存知でしょうか?

そこで今回は、若い世代でも受け取ることが
できる二つの年金についてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

若い世代や若者でも受け取れる年金がある?

「年金」と聞いてまず頭に浮かぶのは、
老後に受け取れるお金ですが、

それは、「老齢年金」のことです。

公的年金には、他にも若い世代が
受け取れる2種類の年金が含まれています。

病気やケガで重い障害を
負った場合に支払われる「障害年金」
と、

亡くなった後に受け取れる
「遺族年金」です。

老齢年金と同様に、障害、遺族年金とも、
全国民に共通の「基礎年金」と、

会社員や公務員が上乗せで加入する
「厚生年金」の2階建てになっています。

障害基礎年金は、国の基準で
障害等級1、2級に認定されると支払われます。

1級は年約97万円、2級は同78万円で
子供の数に応じて増額されます。

20歳前後から障害のある人も、
所得が一定以下であれば受け取れます。

障害者年金は、1~3級の障害者と
認定された人が対象で、

1、2級の人は基礎年金に上乗せでもらえ、
金額賃金や加入期間に応じて決まります。

遺族年金は、亡くなった人に
生計を維持されていて、

年収850万円未満で
あることが受け取れる条件です。

遺族基礎年金は、子供がいる配偶者
または子供に払われます。

配偶者と子供1人なら年約100万円で、
子供の数により増額されます。

遺族厚生年金は、
子供のいない妻ももらえますが、

30歳未満なら5年間限定で、
55歳未満の夫はもらえません。

子供や孫、父母らも一定の条件を
満たせば対象になります。

金額は賃金や加入期間によって違います。

障害、遺族年金ともに、
「払うべき期間の3分の2以上、保険料を払っていた」

「直近1年間に未納がない」の
いずれかを満たす必要があります。

万が一のことが起きてから
納めようとしても認められません。

収入が足りず、保険料を払えない人は、
近くの年金事務所などし、
保険料の免除や猶予の手続きをしましょう。

免除や猶予は未納とは違い
いざという時に、

障害、遺族基礎年金を
受け取ることができます。

●障害年金と遺族年金
・障害年金
     対象者   年間のおよその金額
厚生  障害1~3級  賃金と加入期間による

基礎  障害1、2級  1級:97万円
2級:78万円
           ※子供の数で増額

・遺族年金
     対象者           年間のおよその金額    
厚生   妻、子供、          賃金と加入期間による
   55歳以上の夫ら
             
基礎 子供が要る配偶者ら  配偶者と子供一人なら100万円

まとめ

いかがだったでしょうか?

老後のことどうなるかわからないからと、
中には支払っていない方もいるかもしれませんが、

もしもの時には自分だけではなく、
家族にも支払い条件が発生しますので
できる限り払っておくようにしてくださいね。

関連記事:一人暮らしで払う税金や年金はいくら?保険料についても解説



スポンサードリンク

-保険
-